犯罪の予兆「玄関マーキング」を知ってますか

自宅表札などに不気味な印があったら要注意

神奈川県のとあるアパートで小誌が見つけたマーキング。数字の11が見えるが、それ以降は何かの暗号だろうか(写真:週刊女性PRIME)

訪問販売員が情報を共有するためなのか、犯罪集団の申し送り事項なのか。

「うちでは実態がつかめていない。まったく情報がない状況なんです」

そう説明するのは日本訪問販売協会の担当者。

不気味な『玄関マーキング』

綜合警備保障大手のALSOKは、「もともと訪問販売業者や、新聞配達員などが自分だけにわかる目印として書いていたんだと思いますね」と推測。

当記事は「週刊女性PRIME」(運営:主婦と生活社)の提供記事です

情報サイト『ALL About』の防犯ガイドで、安全生活アドバイザーの佐伯幸子さんは、

「記号を書いた人、気づいた人がいつからいたのかというデータはないですね。ただ2002年ごろインターネットの普及で玄関マーキングの存在が人々に認知されるようにはなりました」

何でも明らかになってしまう時代に、確固たるエビデンス(証拠、証言)がないという不思議。それでも確実に存在している『玄関マーキング』という不気味。

つい最近も「家の鍵穴付近に変なマークがあった」というツイートがバズり、8万リツイート&10万超えの『いいね!』で関心を集めたばかり。

ALSOKはホームページで“マークとその意味”を解説しているが、あくまで一例で真意は定かではないとしている。

前出・日本訪問販売協会の担当者は、

「おそらく、マーキングをしている人たちの扱っている品目は、かなり限定的なものだと思います。そういう事業者の情報はうちには入ってこないんです」

と特殊性をにおわせる。前出・佐伯さんはこの発言の意味を、

「怪しいタイプの、押し売り系の訪問販売でしょうか」

と推察する。

その昔、昭和20年代ごろの日本の一般の家には、呼び鈴なるものはなかった。

「玄関を開けて“ごめんください”と訪ねるのが普通でした。お屋敷にしかなかったブザーが一般家庭に普及したのは、1954年から20年余りの高度経済成長期といわれています」(前出・佐伯さん)

現在のようにコンビニやスーパーがどこにでもある時代ではなかった当時、押し売りの営業品目はゴムひもだったり石けんだったり歯ブラシだったり。玄関に座り込み、相手が買うまでテコでも動かないという“かなり圧の高い訪問販売”が存在していた。

次ページ誰が何の目的で書き込みをしているのか
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 礒部公一のプロ野球徹底解説!
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • 30歳とお金のリアル
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
衰退か再興か<br>アトキンソンと考える<br>日本の生存戦略

急激な人口減少と高齢化の先に待ち受ける地盤沈下を避け「日本再興」を進めるには、従来の常識にとらわれず新しい発想で問題に取り組むことが必要だ。最低賃金の引き上げを含む3つの生産性向上策を軸に、日本が生き残る道を探った。