「生徒が先生をディスる道徳授業」の衝撃効果

ネット炎上を疑似体験させる中学校長の狙い

ネットで相手を罵倒する際によく使われる言葉が書かれたカード(筆者撮影)

カードには、「うざい。」「無能。」「ばーか。」「頼むから消えてくれ」「トレンド入りワロタww」などと、罵倒するようなコメントが書かれている。

最終的に最も多くカードをもらった人が勝つことになるが、カードを10枚もらってしまうと「大炎上」で負けとなってしまうため、もらいすぎてもいけない。

実際に道徳の授業で行う場合は、ゲームのルールを説明した上で以下のとおりに進める。

「大炎笑」を使った道徳の授業内容
1.実際に起きたTwitter上での炎上事案を提示
2.炎上を疑似体験し、その心理を体感
3.炎上しないためにどうすればいいのか議論する
4.議論した内容をまとめ、意見を発表する
5.ゲームを始める前の気持ちと向き合ってもらう

授業の準備段階では、生徒指導を担当する各学年の教師に対し、「大炎笑」を体験する機会を設定し、ゲームのやり方を学んでもらった。その後、各学年でその教師が中心となり、各学級で授業を展開することになる。

生徒たちがノリノリでゲーム

実際に授業を受けた生徒たちは、こちらが想像した以上にノリノリでゲームを行い、日頃の硬い雰囲気での道徳授業とは大違い。授業に対する食いつき方が違うと感じた。

たとえば、テーマを「先生ってどんな人?」にしたところ、生徒たちから「本当に勉強できるの?」「週末に東京でコスプレ」「ロリ以外愛せない」「家では赤ちゃん言葉を使っている」など、コメントが出てきた。

議論の場面では、「炎上させたくなるのはなぜ」から「炎上したときの気持ち」を話し合い、その後に「炎上させない心得」を考える。

「自分のコメントに責任を持つ」「過剰に反応しない」「書いたものを読み返す」などの意見に対し、教師が「それって本当にできるの」と現実にある状況に即したツッコミを入れるようにしている。

次ページ狙いどおりの効果が得られた
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 日本の分岐点 未来への対話
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
脱・ストレス 不安加速社会<br>への4つの処方箋

コロナ禍で、人と会ったり飲み会をしたりといった従来のストレス解消法がしづらくなっています。そんな今だからこそ、「脳」「睡眠」「運動」「食事」の専門家が教えるコンディショニング術でストレスフリーな状態を目指しましょう。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT