W杯は広告主にとってオイシイものではない

視聴の傾向がわかる5つのチャート

ソーシャルメディアコンサルタント企業「ピッチサイド」によると、若手のサッカー選手は、フェイスブックからインスタグラムにシフトし、ストーリーのような機能を利用して生活を共有することで、試合を超えてファンと結びついているようだ。

プレミアリーグのトップ選手30人の場合、2月から5月の国内でのサッカーシーズン終了までに記録されたファンのデータによれば、インスタグラムがオーディエンス総数の53.2%超(ファン1億650万人)を占め、フェイスブックはファン5380万人で26.4%を占めるにとどまっている。同じ調査から、プレミアリーグのトップ選手400人では、10人中4人超(41%)がフェイスブックに公式アカウントを持たず、インスタグラムのアカウントを開設していないのは9%であることもわかった。

(Source: Pitchside)

中国での注目度

中国のチームは2018ワールドカップへの参加資格がなかったが、それでも中国のサッカー熱は下火になっていない。電通イージスによれば、広告主が注視するなか、中国では、ワールドカップへの熱狂から、広告支出が前年の5.4%から今年は6.5%に増加して6300億元(約10兆円)に達し、世界全体の広告投資の16.2%を占める見込みだ。

ニールセンによると、そうした支出の大部分は中国のミレニアル世代がターゲットになるという。ミレニアル世代のファンのこうした「急増」は、ほかの市場では一般に見られず、10年経てば、中国国内でサッカーが一大スポーツになりうることを示していると、ニールセンの調査のグローバル責任者であるマイク・ラッグ氏は述べている。

(Source: Dentsu Aegis)

Seb Joseph(原文 / 訳:ガリレオ)

DIGIDAY[日本版]の関連記事
Snapchatから広告主へ:弊社製品はFacebook同様に効果大
FCバイエルン、 インハウス デジタルエージェンシーを設立:クラブ全体のデジタル化が狙い
米・中小ブランド、中国 インフルエンサー に勝機を見出す
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • コロナショックの大波紋
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 山本シンヤが迫るクルマ開発者の本音
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
広告大乱戦<br>デジタル化で進む“下克上”

「ついに」か「ようやく」か。ネット広告費が初めてテレビ広告費を超えました。デジタル化の大波の中で、広告業界は“異種格闘技戦”の時代に。グーグルと組んで購買につながる広告商品を生み出したマツモトキヨシなど、激変期の最先端事例を紹介します。