W杯は広告主にとってオイシイものではない

視聴の傾向がわかる5つのチャート

ワールドカップ視聴者3万4100人以上が対象のグローバルウェブインデックスの調査によれば、ワールドカップの試合をTVで観戦するファンの半分超(51%)は、ソーシャルメディアを利用し、半分は視聴中に友人とチャットやメッセージのやりとりをする予定だという。

この調査結果は、ワールドカップをめぐって今年行われたマーケティングキャンペーンの多くのタイミングに反映されている。ワールドカップ関連のメディア支出が増加したのは、開幕前ではなく開幕後だったと、メディアエージェンシーのゼニスで予測担当責任者とグローバルインテリジェンス担当ディレクターを務めるジョナサン・バーナード氏は指摘している。

(Source: GlobalWebIndex)

サッカー関連のインフルエンサーの台頭

サッカーがライフスタイルとエンターテインメントの象徴になるにつれ、ファンのロイヤルティが深まっている。

ニールセンによれば、1~5月のソーシャルメディアのフォロワーによる「いいね!」やコメント、リツイートは、ポルトガルのクリスティアーノ・ロナウド選手が5億7000万件で、エンゲージメントが2番目に高いネイマール選手よりも2億7000万件以上多かった。「ブランドは現在、戦略構築の柱としてもっと個人的な物語を求めているので、チームよりも選手を追い求めている」と、バーナード氏は語る。

(Source: Nielsen)
次ページFacebook離れ
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • コロナショック、企業の針路
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激震! コロナ危機<br>総力特集 土壇場の世界経済

欧米での爆発的な感染拡大により、リーマンショック以上の経済悪化が濃厚です。「自宅待機令」下の米国現地ルポに各国の政策対応、トヨタも国内工場停止に至った自動車産業、ほぼ半値へと急下降したREIT市場など徹底取材。