W杯は広告主にとってオイシイものではない

視聴の傾向がわかる5つのチャート

ワールドカップの視聴方法が細分化されている(写真:Rawpixel/iStock)

ワールドカップが開催されているが、広告主の反応はこれまでのところは抑制されている。

この記事はデジタルマーケティング戦略に特化したメディア「DIGIDAY[日本版]」(運営:メディアジーン)の提供記事です

人々のワールドカップの視聴方法が細分化されており、広告主は、従来とは違うやり方で注意を引かなければならない。

広告の事業上の成果を示すよう圧力が高まっているので、ブランドは2018ワールドカップのスポンサーになるのも躊躇している、と英調査会社グローバルウェブインデックスのシニアトレンドマネージャーであるフェリム・マグラス氏は語る。

2018ワールドカップの傾向がわかる5つのチャートを紹介する。

オンラインでの視聴に勢い

1万2200人以上を対象にした市場調査会社イプソスの調査によると、世界のインターネットユーザーのうち、62%はワールドカップの試合をTVで視聴するつもりで、4分の1はオンラインで視聴する予定だ。

この傾向がもっとも顕著なのは発展途上国で、オンラインで視聴予定のインターネットユーザーは中国で47%、次いでインドで45%、サウジアラビアで44%となっている。オンラインでの視聴へのシフトにより、2018ワールドカップのスポンサーシップ売り上げが、前回より1億7900万ドル(約197億円)少なかった理由の説明がつくし、今後の大会では予算の増加ペースが鈍化するだろう、と戦略エージェンシー、MTMスポーツの上級コンサルタントであるティム・パート氏は述べている。

(Source: Ipsos)
次ページソーシャルも利用
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 最新の週刊東洋経済
  • 小室淑恵 「覚悟の働き方改革」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
菅新政権が誕生しても<br>「安倍時代」は終わらない

牧原出氏執筆の連載「フォーカス政治」。9月16日に菅新首相が誕生しましたが、施策の基本線は「安倍政権の継承」。惜しまれるように退任し、党内無比の外交経験を持つ安倍前首相は、なお政界に隠然たる影響力を保持しうるとみます。その条件とは。

東洋経済education×ICT