墓もピンキリ、格差の時代

2000万円の青山霊園から、海洋散骨まで

全国にある「墓地」は87万3790カ所(2011年3月末時点、厚生労働省「衛生行政報告例」)。うち個人所有が全体の4分の3強を占めている。都道府県別で見ると、トップ3は①岡山県(10万6284カ所)、②島根県、③長野県の順で、人口比では東京都(9684カ所)は、墓の数が少ない。

カードをかざせば搬送され、参拝口でお参りできる(両国陵苑、撮影:尾形 文繁)

いまだ都市は墓不足。青山霊園は2000万円近い!

死亡者数が毎年100万人以上いるのに、墓地の数は10年前でも87万カ所あり、墓の数自体は増えていない。核家族化や非婚化に伴い、檀家離れも進んだとはいえ、まだまだ地元の寺にある、先祖墓や家族墓に入る人が多いことがわかる。が、こうした統計に表れない、“従来と違った”墓が増えていることも事実だ。

 まだまだ墓の値段は高い。地域による価格差も大きく、お墓案内センター(日本仏事ネット)によると、東京23区で平均309万円(主に墓石代と永代使用料。年間管理料は別途。13年9月時点)。一方、福岡県は155万円と、ほぼ半額である。これは地価を反映し、墓の面積に対する墓石代や永代使用料が高価だからだ。最近の墓石はコスト高もあって、「中国産からベトナム産にシフトしている」(全日本墓園協会)という。

次ページ歴代首相も眠る青山霊園の実態は…
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • おとなたちには、わからない
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ついに上場廃止、大塚家具の末路
ついに上場廃止、大塚家具の末路
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
2050年の中国<br>世界の覇者か、落日の老大国か

米国と並ぶ超大国を目指す中国。しかし中国の少子高齢化はこれまでの想定を超える速さで進行しています。日本は激変する超大国とどう付き合うべきか。エマニュエル・トッド、ジャック・アタリ、大前研一ら世界の賢人10人が中国の将来を大胆予測。

東洋経済education×ICT