墓もピンキリ、格差の時代

2000万円の青山霊園から、海洋散骨まで

全国にある「墓地」は87万3790カ所(2011年3月末時点、厚生労働省「衛生行政報告例」)。うち個人所有が全体の4分の3強を占めている。都道府県別で見ると、トップ3は①岡山県(10万6284カ所)、②島根県、③長野県の順で、人口比では東京都(9684カ所)は、墓の数が少ない。

カードをかざせば搬送され、参拝口でお参りできる(両国陵苑、撮影:尾形 文繁)

いまだ都市は墓不足。青山霊園は2000万円近い!

死亡者数が毎年100万人以上いるのに、墓地の数は10年前でも87万カ所あり、墓の数自体は増えていない。核家族化や非婚化に伴い、檀家離れも進んだとはいえ、まだまだ地元の寺にある、先祖墓や家族墓に入る人が多いことがわかる。が、こうした統計に表れない、“従来と違った”墓が増えていることも事実だ。

 まだまだ墓の値段は高い。地域による価格差も大きく、お墓案内センター(日本仏事ネット)によると、東京23区で平均309万円(主に墓石代と永代使用料。年間管理料は別途。13年9月時点)。一方、福岡県は155万円と、ほぼ半額である。これは地価を反映し、墓の面積に対する墓石代や永代使用料が高価だからだ。最近の墓石はコスト高もあって、「中国産からベトナム産にシフトしている」(全日本墓園協会)という。

次ページ歴代首相も眠る青山霊園の実態は…
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • あふれる独自性 ニッポンのすごい研究者
  • 本当は怖い住宅購入
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT