墓もピンキリ、格差の時代

2000万円の青山霊園から、海洋散骨まで

海への「散骨ブーム」も静かなブーム

さらにはその先を行き、墓自体が要らない、というやり方もある。「海洋散骨」はその典型だ。故人の思い入れのある海に、酒や花束とともに遺骨を粉末状にしてまく。チャーター船を借り、首都圏であれば、東京湾の羽田沖や相模湾から散骨するパターンが多い。

実は1990年頃から始まっていた海洋散骨だが、元々は「戦友が沖縄の海に眠っているから」など、個別の事情から始まったという。現在では納骨堂と同様に、継承者が不要で「子どもに迷惑をかけずに済む」、といった理由が増えている。

海洋散骨の場合、遺骨を乾燥させ、機械を使って2ミリ以下に粉砕する。現在ではサン・ライフなど上場企業も参入しており、価格はチャーター代も含めて平均20万~30万円台。墓を買うよりはずっと安い。お参りしたければ、法要クルーズと称し、3回忌や7回忌などで海上に出ることもできる。

時代が変われば、墓のありようも変わってくる。2000万円近い超一等地の墓から、ロッカー式の納骨堂、果ては海洋散骨まで。今後も格差や嗜好を反映し、バラエティに富んださまざまな墓が増えそうだ。

 詳しくは週刊東洋経済』10月26日号巻頭特集「いま知りたい 終活」をぜひお読み下さい。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 財新
  • コロナウイルスの恐怖
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
船・港――海の経済学<br>ニッポンの生命線が危ない

環境規制の強化によって、日本の海運会社は大きな投資を迫られています。中韓に敗れた日本の造船業界はさらなる再編が不可避に。日本の港湾の競争力低下も止まりません。「海をめぐるグローバル競争」の最前線を掘り下げます。