「新入社員の指導」で疲弊しないためのヒント

「謝りたくないので辞めます」が増えている

そもそも自分が悪いと思っていないから謝らないという相手に対して、どう接していけばよいのでしょうか。謝ることを負けと認識し、自分自身を否定されたと感じて、そんな職場にはいられないという思考は、自分が悪くないことを認めてほしいという裏返しでもあります。そもそも、謝れない人は、周りから孤立していることも多いといえます。謝れない人に対して、周囲の人間は、我慢を強いられることも多いため、表面上の付き合いになりやすく、関係は長続きしません。すると、余計に人から認められたい気持ちが強まるのです。

そういった相手に対して、なぜ謝れないのかと問うても、責めているようにしか相手に伝わらず、逆効果です。

コミュニケーションツール手段の1つ

謝罪は、勝ち負けではなく、コミュニケーションツールの手段の1つです。人の話をきちんと受け止められるスキルが関係性を円滑にするものであるように、謝罪スキルもビジネススキルの重要なツールであること、そして、よりよい関係性を育むための1つの方法であることを伝えられるとよいかと思います。

なんでも褒めればよいというわけではありませんが、謝ることができたことに対して、労いも必要です。

ハラスメントと指導は別物です。仕事のうえでやってもらわなければ困ることは、怖がらずに毅然として対応していただければと思います。

こちらも感情的に応戦してしまう傾向があると問題の論点がそれてしまいます。また、面倒だからと言って何も言わずに済ませてしまうと、問題を先送りするだけになります。

気になることは、目をつぶらずにその場ではっきりと伝えることも大切です。「このくらい仕方ないか」と先送りにすれば、ますます問題は大きくなります。そうなれば、労力はさらにかかり、負荷を強いられることを認識して、問題が散見された時点で対処する姿勢を持っていただければと思います。

新しい人材に対しての教育や指導で疲弊している方々への労いとエールを込めて、現状の1コマをお伝えしました。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 日本野球の今そこにある危機
  • さとり世代は日本を救うか?
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ZOZOに立ちはだかる<br>「ゾゾ離れ」より深刻な課題

盤石だったZOZOの収益基盤が揺らぎ始めた。常時割引の有料会員サービスで混乱を招いたが、さらに深刻な事態が。今年度の通期業績が上場後初の営業減益になる見通しとなったのだ。上場以来最大の正念場を乗り越えることができるか?