トランプ大統領のツイートが「悪質」な理由

差別と批判のボーダーラインがない

トランプ大統領のツイッターが悪質な理由とは?(写真:Jonathan Ernst/ロイター)

米国のコメディアン、ロザンヌ・バー氏が演じる同氏と同名の役柄は、労働者階級でトランプ米大統領の支持者という設定だ。米ABCテレビは、そのバー氏が主演するコメディ番組『ロザンヌ』を急きょ、打ち切った。問題になったのはツイートだ。

バー氏はツイッターで、オバマ前政権で大統領顧問を務めたバレリー・ジャレット氏をイスラム組織「ムスリム同胞団」と映画『猿の惑星』の子孫だと書いた。

トランプ氏も反トランプ陣営も的外れ

番組打ち切りにトランプ氏は予想どおり反応した。しかし、その言い分はかなり奇妙なものだった。トランプ氏は、ABCテレビは自分に対して「ひどいこと」を言ってきたにもかかわらず、これまで自分には一度も謝罪がない、とツイート。娘のイバンカを口汚くののしった別のコメディアン、サマンサ・ビー氏もクビにならなければならない、ともツイートしている。

トランプ氏に批判的な人々は、「ロザンヌ」を偏見に満ちあふれた労働者階級の典型と見なしていた。バー氏の番組が打ち切りになってよかったと考えている人は多い。

だが、トランプ氏も、反トランプ陣営も、どちらの反応も的外れだ。バー氏は風変わりな意見を口にすることが多く、これを何らかの政治的主張に結び付けるのは不可能だ。なのに、トランプ氏はビー氏をバー氏と同列に扱っている。両者の間にある決定的な違いを無視しているといわざるをえない。

次ページ言論の自由の許容範囲は?
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 小室淑恵 「覚悟の働き方改革」
  • 若者のための経済学
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ホンダとGMが提携拡大<br>露呈した自前主義の限界

ホンダが米GMとの部分提携を大幅に深化させ、北米事業の幅広い分野での包括提携に踏み出しました。最大の目的は、低空飛行が続く4輪事業の収益改善。新型コロナによる事業環境の悪化も提携拡大を後押ししました。

東洋経済education×ICT