「うつ病」を訴える若手社員への正しい対処法

今の若者には「弱音を吐く勇気」がある

「耐え忍ぶ」のが好きなオッサンたちは「メンタルが強い」の意味をはき違えている(イラスト:OCEANS)
30代~40代のビジネスパーソンは「個を活かしつつ、組織を強くする」というマネジメント課題に直面している。ときに先輩から梯子を外され、ときに同期から出し抜かれ、ときに経営陣の方針に戸惑わされる。
しかし、最も自分の力不足を感じるのは、「後輩の育成」ではないでしょうか。20代の会社の若造に「もう辞めます」「やる気がでません」「僕らの世代とは違うんで」と言われてしまったときに、あなたならどうしますか。ものわかりのいい上司になりたいのに、なれない。そんなジレンマを解消するために、人材と組織のプロフェッショナルである曽和利光氏から「40代が20代と付き合うときの心得」を教えてもらいます。

「メンタルが弱い若者」というイメージは表面だけのもの

今回のテーマは、「健康」――特にうつ病などに代表されるメンタルヘルス(精神的健康)です。職場でうつ病になる若手をよく見かけるようになってきたこともあってか、「最近の若者はメンタルが弱くなった」などと我々オッサン世代はすぐ言ってしまいがちです。

当記事は、『OCEANS』の提供記事です。元記事はこちら

ところが、統計数字を見る限り実はそんな傾向はありません。3年に一度実施されている厚生労働省の直近の「患者調査」(平成26年)によれば、うつ病等の気分障害の罹患者は111万6000人で、内訳をみると、年代では40歳台が約24万人と最多です。

一方、20歳台は約8万人で、未成年を除けば(20歳未満は2万人弱)最少です。この数字だけをみれば、20代のうつ病患者はむしろ少ないです。我々オッサン世代のほうが人口比を考えても多いです。それなのに何故、冒頭のように「メンタルが弱い若者」「すぐうつ病になってしまう若者」というイメージが生じているのでしょうか。

次ページ絶対数は増えている
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • ブックス・レビュー
  • 就職四季報プラスワン
  • 映画界のキーパーソンに直撃
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大手から専業まで大混戦<br>中古マンション販売の隘路

新築価格が高止まりし、参入業者が急増する中古マンションの「買い取り再販」。デベロッパー自ら物件を取得し、リノベーションを施して販売する手法だ。価格上昇や売れ残り増加など懸念材料も出現、手放しでは喜べない活況の裏側を描く。