横綱相撲?新iPad投入のアップルが勝利宣言

クックCEOいわく「競合は完全に混乱している」

サンフランシスコのYerba Buena Center for the Artsで開場を待つジャーナリストたち

アップルは10月22日、米サンフランシスコのイェルパ・ブエナ芸術センターにて招待制の新製品発表会を行った。

加湿器? 花瓶? いいえ違います、これがMacProです(東京で10月23日に行ったハンズオンにて)

当日リリースの最新版OS「OS X Mavericks(オーエステン マーベリックス)」を無償でダウンロードできるようにするという衝撃的な発表に続き、新しいハードが目白押し。黒くて丸みを帯びたボディが衝撃的なMacPro(ハイエンドのデスクトップ機)、MacBook、アプリケーションソフトなど、年末のホリデーシーズンに向けた新製品を数多く発表した。

そして発表会のトリを飾ったのが、「iPad Air」「iPad mini Retinaディスプレイモデル」だった。

シェアは81%

サムスン電子のGALAXY Tab、グーグルのNexus7などAndroidタブレットの攻勢もあり、タブレット市場で激戦が続いているようにもみえるが、アップルのティム・クックCEOに言わせれば、「世の中で使用されているタブレットのうち81%がiPad。他社のタブレットの比率は19%に過ぎない」ということだ。

続いて、「3年半前にわれわれが作り出したこのジャンルは当初は『存在し得ない』という厳しい評価が多かったが、今や大きく変わった」と胸を張って見せた。

次ページ高性能だが高価格
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 高城幸司の会社の歩き方
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
『会社四季報』新春号を先取り!<br>波乱相場にも強い大健闘企業

企業業績の拡大に急ブレーキがかかっている。世界景気の減速や原燃料費・人件費の高騰が重荷だ。そうした逆風下での大健闘企業は? 東洋経済最新予想を基に、上方修正、最高益更新、連続増収増益など6ランキングで有望企業を一挙紹介。