横綱相撲?新iPad投入のアップルが勝利宣言

クックCEOいわく「競合は完全に混乱している」

競合(おそらくマイクロソフト)の混乱ぶりを皮肉ってみせたクックCEO

新しいiPadシリーズは11月1日に世界41カ国で販売される。

気になる日本での価格は「iPad mini Retinaディスプレイモデル」が4万1900円(16ギガバイト、通信契約のないモデル)~8万5800円(128ギガバイト、3G通信契約のあるモデル)。「iPad Air」は5万1800円(16ギガバイト、通信契約のないモデル)~9万5800円(128ギガバイト、3G通信契約のあるモデル)。Androidタブレットと比較すると非常に高価だ。ただし従来のiPad miniを値下げすることにより、エントリー層をサムスンなどに奪われない工夫はしている。

「競合は完全に混乱している」

これが新しいiPadファミリー(東京で10月23日に行ったハンズオンにて撮影)

アップルのiPadはCPUやグラフィックの処理性能、Wi-Fiの通信速度など、スペック面でライバル他社の追随を許さない。「他社は完全に混乱している。彼らはタブレットをパソコンにしてみたり、そしてパソコンをタブレットにしてみたり、いろいろとやっている。それに対し、われわれの製品戦略は明確だ」と、「Surface2」「Surface2Pro」により対抗を試みるマイクロソフトを牽制してみせた。

シェアを急落させたスマートフォンと比較すると、タブレット分野ではまだアップルが横綱相撲。この分野をさらに拡大できるかどうかが目先、アップルの覇権の行方を占うキーポイントといえそうだ。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • フランスから日本を語る
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 財新
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT