発明家が異例の勝訴 アップルに賠償命令

今後の焦点はクリックホイール特許の価値算定

アップルのデジタル音楽プレーヤー「iPod(アイポッド)」。この大ヒット端末を象徴するのが「クリックホイール」と呼ばれるユーザーインターフェース(UI)だ。2004年発売の「アイポッド・ミニ」(写真)で初めて採用し、今でも使われ続けているこのUIは、リング状のタッチセンサーとクリックボタンを組み合わせたもの。この絶妙な二つの円形により爽快な操作感を実現した。

 そしてこれは、おそらく、日本の個人発明家であるS氏が発明したものだ。
 クリックホイール以前、アップルはモデルチェンジのたびにUIを変え、試行錯誤を繰り返していた。そこでS氏は、自分の発明をアップルに売り込んだ。アップルは強い関心を示したが、ロイヤルティなどの条件面で折り合わず交渉は決裂。ところが、その後、クリックホイールを採用したアイポッド・ミニが発売されたため、自分のアイデアを無断で使用されたと感じたという。

S氏の出願特許は書類不備などにより成立せず、2005年の再出願で成立した。特許成立の前後にアップルと交渉を行うものの、やはり条件が折り合わず、特許侵害による損害賠償請求の訴訟に突入する。アップルも特許非侵害訴訟を起こすなどして対抗。裁判の進行を遅らせるアップルの牛歩戦術もあり、戦いは6年7カ月に及んだ。そして、9月26日、東京地方裁判所はアップルの主張を退け、特許侵害を認めた。3億3664万1924円が、判決で算定された損害賠償額だ。

次ページ賠償額100億円を目指す
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 若者のための経済学
  • 内田衛の日々是投資
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
海外進出、そして株式上場へ<br>新日本プロレスの復活と野望

どん底の2000年代を経て鮮やかなV字回復を果たしたプロレス界の雄。キャラクターの異なるスター選手を複数抱え、観客の4割は女性だ。外国人経営者の下、動画配信や海外興行など攻めの姿勢を見せる。株式上場も視野に入ってきた。