発明家が異例の勝訴 アップルに賠償命令

今後の焦点はクリックホイール特許の価値算定

賠償額100億円を目指す

「私のような個人発明家の特許の価値が認められたことの意味は、ものすごく大きい」──。

S氏はこう話す。「これまで日本では大企業が手を取り合って個人の特許を押し潰しており、知財立国どころではなかった。それが変わるきっかけになればいいと思う。個人発明家のためにも戦い続ける」

よって、一審判決に満足しているわけではない。代理人である上山浩弁護士(日比谷パーク法律事務所)は「クリックホイールはアイポッドの価値の重要な部分を占めており、3.4億円はあまりにも少ない。高裁では引き続き100億円を主張していく」と話す。

アップルは地裁判決を受けて即日控訴した。高裁がアップルの控訴を受け付ければ、審理の結果、S氏の逆転敗訴ということもありうる。一審で勝訴した喜びもつかの間、S氏は再び、巨人アップルとの厳しい戦いに挑むことになる。

(撮影:梅谷 秀司)

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • おとなたちには、わからない
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • コロナ後を生き抜く
  • 今見るべきネット配信番組
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ついに上場廃止、大塚家具の末路
ついに上場廃止、大塚家具の末路
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本人に多い「腸を汚すフルーツの食べ方」4大NG
日本人に多い「腸を汚すフルーツの食べ方」4大NG
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
2050年の中国<br>世界の覇者か、落日の老大国か

米国と並ぶ超大国を目指す中国。しかし中国の少子高齢化はこれまでの想定を超える速さで進行しています。日本は激変する超大国とどう付き合うべきか。エマニュエル・トッド、ジャック・アタリ、大前研一ら世界の賢人10人が中国の将来を大胆予測。

東洋経済education×ICT