ジムのマシンで走っても意外にやせない理由

そのスピードや傾斜角度を配慮しよう

ダイエットには心拍数が大きく関係しています。運動時の心拍数には、脂肪を燃やすのに適した心拍数と、体力をつけるのに適した心拍数があります。1分あたり120~130が脂肪燃焼、140~150だと体力作りに効果的な心拍数です。

ダイエットを目的として走る場合、運動強度は上げすぎずに心拍数120~130の範囲で運動するのが最適です。呼吸が乱れるほど一生懸命走ると、心拍数が上がりすぎてマラソン競技を目指している人が行う運動内容になってしまいます。

ジムにあるランニングマシンには心拍計がついています。グリップを握るところに銀色のセンサーを握ると心拍数が表示されるので、走りながらどれくらい息が上がっているのかを確認できます。屋外を走る場合は、手首で脈を計ります。6秒間計って10倍すると1分間の心拍数がわかります。

屋外のジョギングとランニングマシンの違い

スポーツジムのランニングマシンを使う場合は、傾斜角度を調整します。ランニングマシンでは、ベルトコンベアーの上を走っているので、自分の力だけで前に進んでいるわけではありません。傾斜角度が0%の状態で使用すると、屋外の下り坂を走っているのと同じくらいの運動量になります。

平らな道を走るのと同等の運動量にするためには、傾斜角度を3%以上にする必要があります。さらに傾斜角度を5~8%まで上げると、屋外の上り坂を走っているのと同等になり、ダイエット効果が高まります。

日ごろ屋外をジョギングしている人が、梅雨の時期だけスポーツジムのランニングマシンを使って走っている姿をよく見かけます。先述したように傾斜角度が0%のままでは屋外のジョギングには置き換えられません。梅雨の時期にランニングマシンを使って走る場合は、傾斜角度を3%にすることで屋外のジョギングに置き換えられます。

夏に向けたダイエットでは、短期間で一時的にやせたものの、夏を過ぎると燃え尽き症候群になったり、食欲の秋という誘惑に負けて体重が増加したりする人が増えます。夏に体重が落ちても、冬になると体重が増えてしまう人が多いのが現状です。

日々の食事管理に加え、ジョギングを取り入れることも効果的にやせるために必要です。ジョギングは好きな場所、好きなタイミングで始められます。今年の夏こそきれいなスタイルを手に入れたいという方は、手軽に始められるジョギングがうってつけです。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 中学受験のリアル
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
株式投資・ビジネスで勝つ<br>決算書&ファイナンス

この1冊で企業財務がぐっと身近に。PL、BS、CSの基本から、キーワードで読み解く業界分析、買収価格算出などの応用まで、厳選30のノウハウを丁寧に解説。業績絶好調企業に加え、会計と実態の差を補う疑似資産、会計利益先行率のランキングも。