三菱鉛筆、古参のサインペン「ポスカ」の挑戦

30年選手のサインペンが新たな市場開拓に乗り出す先

太字、中字、細字、極太とラインナップを拡大。そして極細が女子高生にうけた

プリクラのデコレーションという意外な使われ方を受けて、中高生を強く意識したラメ入りの新シリーズを投入する。さらに、女子中高生が髪をくくるゴムやシュシュで複数色をまとめて持ち歩くことに着目し、ペンの軸径を従来よりも8ミリ細く設計。束ねてもかさばりにくい「ドゥ!ポスカ」シリーズを発売した。今では、同シリーズは女子中高生の”必需品”ともいえる筆記具になっている。

 ユーザーの裾野は海外でも広がった。絵の具を使わず気軽にポスターカラー調に描ける点が、フランスを中心とした現代アートの芸術家の目にとまったのだ。2000年以降は海外販売を本格化し、欧州では美術用を意識して展開色も拡大。フランスでは画材としての地位を確立しつつある。

家庭用のターゲットは”リア充ママ”

女子中高生に芸術家と、メインユーザーを増やし成長してきたポスカだが、家庭での利用を広げるにあたって、新ユーザーとして見据えているのは、“リア充ママ”だ。リア充とは、プライベートや仕事(リアル)が充実している人、という若者用語。リア充ママは、子育てをしながら、家庭で子どもに向けたものを手作りし、ママ友達で交流する母親をさしている。

「今、就学前の子供を持つ母親の間で人気なのが、アルバム作りや木工作品の装飾、プレゼント用のリボンやマスキングテープにデコレーションすること。ポスカは、ビニールはもちろんリボンや木、石にも書ける」(加藤氏)と話す。

次ページ店頭販売から得られた確かな自信
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 本当は怖い住宅購入
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
トレンドライブラリーAD
人気の動画
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
不祥事続く三菱電機、「言ったもん負け」の特異体質
不祥事続く三菱電機、「言ったもん負け」の特異体質
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
私大トップ校の次の戦略<br>早慶上理・MARCH・関関同立

受験生確保や偏差値で高い水準を誇る関東・関西のトップ私大13校。少子化や世界との競争といった課題に立ち向かうための「次の一手」とは。大きく揺れる受験動向や、偏差値や志願倍率と比べて就職のパフォーマンスが高い大学・学部なども検証します。

東洋経済education×ICT