三菱鉛筆、古参のサインペン「ポスカ」の挑戦

30年選手のサインペンが新たな市場開拓に乗り出す先

今年で発売30周年を迎えたポスカ。家庭用市場の攻略の”切り込み隊長”

パソコンの普及で筆記具を使うシーンは減少の一途。さらに2008年のリーマンショック以後、粗品などで配布される法人ギフト用のボールペン需要も激減し、筆記具業界は閉塞感が漂う。そうした中、大手の三菱鉛筆は13年12月期で最高益を更新する勢いだ。

 好調の理由は独自商品にある。油性ボールペンでスムーズな書き味を実現した「ジェットストリーム」(06年発売)、つねに尖った芯で書けるシャープペンシル「クルトガ」(08年発売)など、少し割高でも独特の機能を持った商品がオフィスや学校で支持されている。キャラクターとのコラボなどでユーザーの裾野も拡大。さらに景況感の改善から、法人ギフト用の注文も回復し始めているという。

家庭向けの開拓を担う”ベテラン”の筆記具

主戦場であるオフィス、学生向けの販売は順調だが、パソコン利用の増加や少子化から、同市場の大幅な拡大は見込みにくい。今後、一段の成長を図るうえで、どうしても攻略しておきたい市場がある。それが家庭向けの筆記具だった。

次ページ30年選手が、なぜ家庭用に向くのか?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 就職四季報プラスワン
  • 若者のための経済学
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
自動車「コロナ不況」が促す<br>部品業界サバイバルの行方

コロナ危機の自動車部品メーカーへの影響は、過剰な設備と人員を抱えていた日産系でとくに深刻。比較的堅調だったトヨタ、ホンダ系も無傷ではありません。世界レベルでの技術開発競争は激化の一途で、生き残りへの再編と淘汰が始まろうとしています。