三菱鉛筆、古参のサインペン「ポスカ」の挑戦

30年選手のサインペンが新たな市場開拓に乗り出す先

デコレーションのツールとしてどこまで拡大できるか

今年7月から活用シーンを載せた冊子を販売店に配布し、店頭で実演も行うほか、フェイスブックなどで活用事例を集める参加型イベントも開催し、家庭での利用促進に力をいれている。

 店頭の販促活動で加藤氏が驚かされたのは、「商品の説明をする前からポスカを上下に振る客の姿」だったという。通常のペンはキャップを開ければすぐ書ける。ポスカは書く前にインクをかくはんするため、まず振らなければならない。ところが、ママたちは「振る」ことをすでに知っていた。つまり、市場は違っても、ユーザーはつながっていたわけだ。

飛躍のカギを握る古参の挑戦

「このワンアクションが(ポスカが浸透する)ネックになると思っていた。だが、プリクラでポスカを使っていた世代が、ちょうど今、リア充ママになっている。一度はポスカを使ったことがあるから、自然に手が動く(ペンを振る)。思い出してもらえれば、もう一度、手にしてもらえるはず」と、加藤氏は家庭向けの広がりに自信を見せる。

これまで何度も新たなユーザーを取り込んできた古参のポスカ。オフィス用や学生向けに加え、家庭用でも筆記具を拡大できれば、閉塞感が漂う国内筆記具市場に新たな風を吹き込むことになりそうだ。少なくとも、古参の挑戦が三菱鉛筆のさらなる飛躍のカギを握っていることは間違いない。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 就職四季報プラスワン
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スクープ! 積水ハウス地面師事件<br>「封印された報告書」の全貌

「なぜ積水はだまされたのか」。2年前の地面師グループによる大型詐欺事件。謎を解く同社の内部資料を本誌が独自に入手した。だまされた積水が調査報告書の公開を拒む理由は。取引を承認した役員が現在も要職にある“闇”をいま明かす。