三菱鉛筆、古参のサインペン「ポスカ」の挑戦

30年選手のサインペンが新たな市場開拓に乗り出す先

デコレーションのツールとしてどこまで拡大できるか

今年7月から活用シーンを載せた冊子を販売店に配布し、店頭で実演も行うほか、フェイスブックなどで活用事例を集める参加型イベントも開催し、家庭での利用促進に力をいれている。

 店頭の販促活動で加藤氏が驚かされたのは、「商品の説明をする前からポスカを上下に振る客の姿」だったという。通常のペンはキャップを開ければすぐ書ける。ポスカは書く前にインクをかくはんするため、まず振らなければならない。ところが、ママたちは「振る」ことをすでに知っていた。つまり、市場は違っても、ユーザーはつながっていたわけだ。

飛躍のカギを握る古参の挑戦

「このワンアクションが(ポスカが浸透する)ネックになると思っていた。だが、プリクラでポスカを使っていた世代が、ちょうど今、リア充ママになっている。一度はポスカを使ったことがあるから、自然に手が動く(ペンを振る)。思い出してもらえれば、もう一度、手にしてもらえるはず」と、加藤氏は家庭向けの広がりに自信を見せる。

これまで何度も新たなユーザーを取り込んできた古参のポスカ。オフィス用や学生向けに加え、家庭用でも筆記具を拡大できれば、閉塞感が漂う国内筆記具市場に新たな風を吹き込むことになりそうだ。少なくとも、古参の挑戦が三菱鉛筆のさらなる飛躍のカギを握っていることは間違いない。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • iPhoneの裏技
  • グローバルアイ
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマダ、社長離脱でにわかに再燃する「後継問題」
ヤマダ、社長離脱でにわかに再燃する「後継問題」
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
私大トップ校の次の戦略<br>早慶上理・MARCH・関関同立

受験生確保や偏差値で高い水準を誇る関東・関西のトップ私大13校。少子化や世界との競争といった課題に立ち向かうための「次の一手」とは。大きく揺れる受験動向や、偏差値や志願倍率と比べて就職のパフォーマンスが高い大学・学部なども検証します。

東洋経済education×ICT