三菱鉛筆、古参のサインペン「ポスカ」の挑戦

30年選手のサインペンが新たな市場開拓に乗り出す先

デコレーションのツールとしてどこまで拡大できるか

今年7月から活用シーンを載せた冊子を販売店に配布し、店頭で実演も行うほか、フェイスブックなどで活用事例を集める参加型イベントも開催し、家庭での利用促進に力をいれている。

 店頭の販促活動で加藤氏が驚かされたのは、「商品の説明をする前からポスカを上下に振る客の姿」だったという。通常のペンはキャップを開ければすぐ書ける。ポスカは書く前にインクをかくはんするため、まず振らなければならない。ところが、ママたちは「振る」ことをすでに知っていた。つまり、市場は違っても、ユーザーはつながっていたわけだ。

飛躍のカギを握る古参の挑戦

「このワンアクションが(ポスカが浸透する)ネックになると思っていた。だが、プリクラでポスカを使っていた世代が、ちょうど今、リア充ママになっている。一度はポスカを使ったことがあるから、自然に手が動く(ペンを振る)。思い出してもらえれば、もう一度、手にしてもらえるはず」と、加藤氏は家庭向けの広がりに自信を見せる。

これまで何度も新たなユーザーを取り込んできた古参のポスカ。オフィス用や学生向けに加え、家庭用でも筆記具を拡大できれば、閉塞感が漂う国内筆記具市場に新たな風を吹き込むことになりそうだ。少なくとも、古参の挑戦が三菱鉛筆のさらなる飛躍のカギを握っていることは間違いない。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • おカネと人生の相談室
  • 離婚のリアル
  • 今さら聞けない競馬のキホン
  • 内田衛の日々是投資
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「通いやすい」は「住みやすい」  <br>最強の通勤電車

鉄道各社のサービス改善競争は激化、路線間の格差が広がっている。利用客争奪戦で勝ち残る路線はどこか。混雑改善度ほか全7指標で東京圏32路線を格付け、新線・延伸計画の進度など、次の住まい選びを見据えて首都圏・関西路線を総点検した。