パナ伝説のエンジニアが語るイノベーター論

特許件数1300件、ライセンス収入は380億円

大嶋が発明した「ゲーム用光ディスク技術」は、アーケードゲームから家庭用ゲーム機に「出口を変えた」ことで成功した。とはいえ、「入口の素性」がよかったことも見逃せない。大嶋が考案した方式を見て、任天堂で長らくハードウェアのトップを務めていた竹田玄洋氏は、Wiiなどの新型ゲーム機への採用をすぐに決断したという(PHOTO BY TOMONARI COTANI)

石川:手ぶれ補正のほかに、入口には失敗したけれど、出口戦略で成功したという事例はありますか?

大嶋:たとえばゲーム関連でしょうか。具体的には「ゲーム用光ディスク技術」の発明です。当初はアーケードゲーム用に事業化したのですが、年商数億円でした。しかし、数年後に家庭用ゲーム機に出口を変えたことで、結局、関連事業も含めると、累計で1千億円を超える営業利益をもたらしました。

石川:逆に、入口の素性はよかったけれど、出口に失敗した例もあるのでしょうか?

大嶋:失敗例ももちろんありますよ。

大嶋は、社内での事業化には失敗したものの、特許ライセンスを得た例として「省電力CPU」を挙げた

大嶋:たとえば1985年に私のチームで発明した「CD-R」です。当時はオーディオ向けの用途を想定していたのですが、早すぎました。その後CD-Rはデータ記録用のニーズが発生し、他社が成功しています。このテーマは、出口のタイミングを3年遅らせれば成功したかもしれません。

「省電力CPU」にしても、社内での事業化には失敗し、米国の大手半導体メーカーに採用されました。まあこちらは、特許ライセンス料で数十億円ほど稼ぎましたが。

「ソーシャライズしてはダメだ」とアラン・ケイは言った

石川:それにしても、いろいろな技術領域で既成概念をディスラプトするような発明を行える秘訣は、どこにあるのでしょうか? 若いころから「世界初か世界一じゃなければダメだ!」と教え込まれたからでしょうか? あと、「左遷」時代に図書室で勉強したことも大きいのかもしれませんが。

「イノベーターにも上には上がいて、スティーブ・ジョブズが稼いだ累計営業利益は約30兆円です。孫正義さんも、15兆円くらいでしょうか。彼らは横綱です。マーク・ザッカーバーグは今のところ3兆円程度なので、大関と言えるでしょう。それでいくと、私なんかは前頭5枚目です。あと、すごいのがイーロン・マスクです。彼、営業利益を出してませんからね(笑)。ちなみにパナソニックはテスラにバッテリーを供給しているので、仲はいいんですよ」(大嶋)

大嶋:1988年に(パーソナルコンピューターの父とも言われる)アラン・ケイと会う機会があったのですが、そのとき彼は、「ソーシャライズしたらダメだ」と語っていました。「会社に入ってどんどん教育されていくのだけれど、それによって視野が狭くなってしまう」と。以来、上司の言うことを聞かなくなりました(笑)。

石川:あはは(笑)。

大嶋:あと、時代に恵まれていたということもあります。TV放送のデジタル化は1995年くらいでしたし、今も、自動車のAI化やEV化が急速に進んでいるじゃないですか。そうした100年に一度と言ってもいい転換期にたまたま居合わせていること自体、ついているといえばついている。私としては、そこに飛び込んで挑戦しているにすぎません。

あっ、ここでひとつ自慢をしてもいいですか(笑)?

石川:どうぞどうぞ(笑)。

次ページデジタルTV放送の研究をしていた
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • トクを積む習慣
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 本当は怖い住宅購入
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
おうちで稼ぐ、投資する!<br>在宅仕事図鑑

コロナ禍の下、世代を問わず広がったのが「在宅で稼ぐ」ニーズ。ちまたにはどんな在宅仕事があり、どれくらい稼げるのか。パソコンを使った「デジタル小商い」と「投資」に分け、誰にでもできるノウハウに落とし込んで紹介します。

東洋経済education×ICT