歴史を変えたコンテンツの共通点

角川歴彦×川上量生対談(3)

あらゆるコンテンツは過去の焼き直しにすぎない

川上:あとひとつ思うのは、新しいプラットフォームで何をやるのかということ。ネットユーザーさんは「新しいプラットフォームで新しいことをやってくれ」ということをずっと言い続けるんだけど、僕はそれは無理だと思っています。古い革袋に新しい酒を入れるじゃないですけど、結局、同じことをやるんです。コンテンツの進化のプロセスというのはだいたい決まっていて、昔のプラットフォームでやった一連のプロセスを、現代的なプラットフォームに乗せ変えて、もう一度やり直すのです。これがきっとテーマだなと思うんですよね。

今までの歴史の中でなかったことをゼロから始めようということになると、それは現代芸術の世界になってしまう。それでは普通の人はついていけません。

——あるコンテンツの広がり方を見ていて、どこか既視感があるなと感じるのは、似たようなサイクルをたどっているということなのでしょうか。

川上:そうです。それが正しいんですよ。人間だって世代交代しているわけだから。だから、昔やったものをどのように今の時代なりに新しくよみがえらせるかということですよね。

角川:小説でいうと、19世紀半ばにアレクサンドル・デュマの『モンテ・クリスト伯(巌窟王)』や『三銃士』が出てきた時点で、物語の骨格はだいたい出来上がってしまった。それから、「昴−すばる−」をつくった谷村新司さんは、1970年代にあらゆる音楽が生まれたと言っていました。それ以降は、もうどこかからメロディやフレーズを持ってくるしかなくなったと。

川上:僕はこの前、ジブリの鈴木さんに薦められて『アラビアのロレンス』(1962年の英国映画。デヴィッド・リーン監督)を見たんですけれども、ストーリーが完全に『アバター』(2009年の米国映画。美しい3D映像で世界興行収入歴代1位を達成。ジェイムズ・キャメロン監督)ですよね。

それに、主人公がすごい内向的で、とにかくウジウジして決断しない、というのは日本のドラマや映画の特徴だと思っていたのですが、『アラビアのロレンス』の主人公は、めちゃめちゃウジウジしていたのです。悩んでばっかりで。

角川:そうそう(笑)。あっけなく死んじゃうしね。

川上:だから、完全にオリジナルなものなんて、本当はそんなにないのです。知らないからオリジナルだと思っているだけで。でも、一流のクリエーターほど、自分たちは巨人の肩の上に乗っている存在だと認めています。

次ページヒットは意外なところから出てくる
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 若者のための経済学
  • 本当に強い大学
トレンドライブラリーAD
人気の動画
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
「名岐アパレル」で連鎖倒産、産地の厳しい現実
「名岐アパレル」で連鎖倒産、産地の厳しい現実
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
サプライズと配当成長株で勝つ<br>株の道場 成長先取り編

菅首相の退陣決定を受け、東証株価指数が31年ぶりの高値へ急騰。日経平均株価も3万円を超えました。本特集では9月17日発売の『会社四季報』秋号を先取りし、上方修正期待の大きいサプライズ銘柄を抽出。株価上昇を享受する方法を会得しましょう。

東洋経済education×ICT