安倍首相の自民党総裁3選は本当にあるのか

6月21日以降、日本に「熱い夏」がやってくる

さて、ここからは恒例の競馬コーナーだ。

政局は「寸前暗黒」だが、それよりは気楽に参加できるのが競馬である。吉例に従って、週末の「春の天皇賞」(4月29日、京都11R、芝3200m)を予想してみよう。

格式の高いレースではあるが、実は1番人気が意外と来ない。「昨年の優勝馬キタサンブラックは1番人気だったじゃないか」って? あれは前日までサトノダイヤモンドが1番人気で、当日朝になってオッズが逆転しているのだ。ということで、今年も1番人気のシュヴァルグランは、少し割り引いて考える方が良さそうだ。

「春天」はレインボーラインを本命に

逆に2番人気は比較的信頼に足る。ということで、狙い目はレインボーライン。過去にこのレースを制したフェノーメノ、ゴールドシップと同じステイゴールド産駒だ。NHKマイルで3着、菊花賞2着、天皇賞秋3着など、忘れた頃に穴をあける地味な存在であったが、前走の阪神大賞典の勝利で一皮むけた。今回がいよいよ「初G1獲得」になりそうな予感。

相手探しは、このレースで実績があり、5頭も出ているハーツクライ産駒から。好調川田将雅騎手が騎乗するサトノクロニクル、勝率の高い1枠を引いたチェスナットコートを指名しておこう。

JRAではこの週末から6週連続でG1レースが続く。政治・外交から経済・金融、そして競馬まで見所は盛りだくさん。引き続き当欄のご愛読を切に祈る。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • ドラの視点
  • 精神医療を問う
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT