移民問題は2100年まで見据えて考えるべきだ

テセウスの船と「民族国家」という概念

移民の問題を労働力としてだけ扱うと、さまざまな問題が生じる(写真:picture alliance/アフロ)

テセウスはギリシャ神話に登場するアテネの王だ。クレタ島にいたミノタウロスを退治して帰る際に乗った船は、その後、朽ちた部材は少しずつ取り換えられて長年保存されていた。ギリシャの哲学者たちは議論した。いずれは船の部材は完全に入れ替わってしまうが、それでも保存されている船はテセウスの乗っていた船といえるのだろうか?

この連載の過去記事はこちら

日本の人口は2008年ごろから減少に転じている。一人の女性が生涯に産む子供の数である合計特殊出生率は、人口を一定に保つ水準である2.07を大きく下回って、2016年は1.44に過ぎない。

政府の取り組みにもかかわらず、出生率の大幅な上昇は容易ではなく、国立社会保障・人口問題研究所の「日本の将来推計人口」(2017年)では、中位推計ではほぼ横ばい、出生率が高めとなる高位推計でも1.66程度にまでしか上昇せず、今後長期にわたって人口が減少し続ける見通しとなっている。

日本の人口減少は移民で解決できない

人口減少の速度を低下させることは高齢化による現役世代の負担軽減にもなるので、日本はもっと積極的に移民を受け入れるべきという議論も多い。欧米のエコノミストと議論すると、必ずといってよいほど日本は移民を受け入れるべきだと意見される。

ただし日本の人口減少は急速で、2000年代半ばには毎年100万人近く人口が減少するため、この速度を目に見えるほど低下させるには、これまでとはケタ違いの規模で移民を受け入れる必要がある。

次ページ19世紀のグローバル化は移民によるもの
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 貧困に喘ぐ女性の現実
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • コロナ後を生き抜く
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT