抗菌グッズはどうやって菌を抑えているのか

意外と知らない、よく使う「すごい技術」

さらに、繊維自体が吸汗速乾性の素材から作られるウエアもある。たとえば「キュプラ」と呼ばれる繊維は従来、「ベンベルグ」という名でスーツの裏地に利用されていたが、吸汗速乾の素材として再び脚光を浴びている。綿花の種子の周りに生えているうぶ毛状の繊維から作られる再生セルロース繊維で、多孔質で吸放湿性に優れ、ムレやベタつきを繊維自体が抑えてくれる。当然、この素材から作られる肌着は夏でも快適だ。

スポーツの場では、多少の繊維の工夫だけでは汗はひかない。そこで、さらなる荒業を施したスポーツウエアも開発された。内側に撥水(はっすい)ポリエステルの突起を配し、外側の吸水ポリエステル繊維と組み合わせることで、外側の吸水部分では吸いきれない汗を衣服の下にはじき落とすのである。

吸汗速乾の開発の原点は?

古来、日本人は夏場に麻の衣服をよく着た。通気性がよく皮膚にベタつかない「吸汗速乾性」があるからだ。吸汗速乾の開発の原点は、この辺にあるのかもしれない。

繊維自体が吸汗速乾性を持つ素材(イラスト:小林哲也)
汗を振り払う素材(イラスト:小林哲也)
次ページ撥水(はっすい)の仕組み
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • iPhoneの裏技
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT