抗菌グッズはどうやって菌を抑えているのか

意外と知らない、よく使う「すごい技術」

さらに、繊維自体が吸汗速乾性の素材から作られるウエアもある。たとえば「キュプラ」と呼ばれる繊維は従来、「ベンベルグ」という名でスーツの裏地に利用されていたが、吸汗速乾の素材として再び脚光を浴びている。綿花の種子の周りに生えているうぶ毛状の繊維から作られる再生セルロース繊維で、多孔質で吸放湿性に優れ、ムレやベタつきを繊維自体が抑えてくれる。当然、この素材から作られる肌着は夏でも快適だ。

スポーツの場では、多少の繊維の工夫だけでは汗はひかない。そこで、さらなる荒業を施したスポーツウエアも開発された。内側に撥水(はっすい)ポリエステルの突起を配し、外側の吸水ポリエステル繊維と組み合わせることで、外側の吸水部分では吸いきれない汗を衣服の下にはじき落とすのである。

吸汗速乾の開発の原点は?

古来、日本人は夏場に麻の衣服をよく着た。通気性がよく皮膚にベタつかない「吸汗速乾性」があるからだ。吸汗速乾の開発の原点は、この辺にあるのかもしれない。

繊維自体が吸汗速乾性を持つ素材(イラスト:小林哲也)
汗を振り払う素材(イラスト:小林哲也)
次ページ撥水(はっすい)の仕組み
関連記事
トピックボードAD
  • インフレが日本を救う
  • 最新の週刊東洋経済
  • iPhoneの裏技
  • グローバルアイ
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SONY静かなる再興<br>自動車ビジネスに本腰

「人命にかかわる事業はやらない」という不文律を破り、車載製品に本格参入するソニー。今後3年で1兆円を投資する主軸、得意の画像センサーを自動運転システムに展開する。最高益のその先を支えるカネのなる木となるか、禁断の果実か。