抗菌グッズはどうやって菌を抑えているのか

意外と知らない、よく使う「すごい技術」

前述のとおり、「吸汗速乾ウエア」には「撥水(はっすい)」の技術も応用されているが、たとえば古くなった傘を思い浮かべてみてほしい。雨の水滴がつくとなかなか落ちないはずだが、撥水スプレーをサッとひと吹きしておくと、まるで新品のように水をはじくようになる。また、スキー場に行ったときスキーウエアにかけておけば、雪で転んでも濡れることはない。

撥水スプレーはどうやって水をはじくのか

スプレーの主成分となる撥水剤にはさまざまな種類があるが、服や傘などに吹きかける撥水剤の多くはフッ素樹脂を成分に持っている。

フッ素樹脂はきわめて安定していて、他の物質と作用しない。これはフライパンの表面加工に用いられていることからもわかる。他と作用しないというこの性質は、水に対しても当てはまる。したがって、フッ素樹脂の微粒子を吹きかけておけば、水はなじむことなくはじかれる。ざっくりとではあるが、これが撥水の仕組みである。

フッ素樹脂の撥水剤の仕組み(イラスト:小林哲也)

車のガラスに吹きかける撥水剤の多くはシリコーン樹脂を成分とする。シリコーン樹脂はケイ素を骨格にした樹脂。ケイ素は炭素と親戚であり、炭素からできた油脂が水と分離するように、シリコーン樹脂にも水を遠ざける性質がある。この疎水性を利用して撥水効果を出すのだ。

次ページシリコーン樹脂の撥水性の仕組み
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 今見るべきネット配信番組
  • コロナ後を生き抜く
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT