エレベーターはどうやって昇降しているのか

意外と知らない、周囲にある「すごい技術」

エレベーターの仕組みとは?(写真:y-studio / iStock)
科学が発達した現代、私たちは多種多様な「モノ」に囲まれて生活しているが、日頃よく目にし、使っているがゆえに、それに対して特に大きな疑問を抱いたりすることはない。だが、たとえば会社ビルなどには必ずあるといっていい「エレベーター」を思い起こしたとき、「吊るされているのはわかっているけれど、仕組みはよく知らない」といった「?(クエスチョン)」が脳裏にすぐ浮かぶ。やはり、このエレベーターにも「すごい技術」がうまく生かされているのだ。
新刊『雑学科学読本 身のまわりのすごい技術大百科』を著したサイエンスライターの涌井良幸・貞美両氏に、身近にあるモノの構造や仕組みについて、イラストを使いながらわかりやすく解説してもらった。

まさに“工夫だらけ”の「エレベーター」

毎年11月10日は「エレベーターの日」。1890年のこの日に、東京の浅草で日本初の電動式エレベーターを備えた12階建て展望台・凌雲閣(りょううんかく)がオープンしたことを記念したものだ。

海外では、紀元前のローマでエレベーターが使われていたという記録も残っている。これはもちろん電動式ではないが、エレベーターの歴史は意外なほど古い。

さて、現代の電動式エレベーターの多くは「つるべ式」と呼ばれる方式を採用している。人が乗る「かご」と、バランスを取る「つり合いおもり」がワイヤーロープによって「つるべ式」につながっている方式だ。

この方式の特徴は、「かご」と「つり合いおもり」をつり合わせているため、モーターにかかる負荷が半減されてモーターの容量を小さくできることだ。

(イラスト:小林哲也)

エレベーターの駆動方式にはその他に「油圧式」「巻胴式」などがあり、高さやスペースなどによって使い分けられる。かごが昇降するイメージは、ケーブルカーを垂直に走らせるのに似ている。取りつけられたローラー(すなわち車輪)にガイドされながら、かごは直立したレールに沿ってロープに引っ張られ、移動するのだ。

次ページエレベーターが静かなのは…
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナ時代の人づくり最前線
  • あの日のジョブズは
  • 就職四季報プラスワン
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
悪用された「ドコモ口座」<br>セキュリティーに3つの問題

「ドコモ口座」を使った預金の不正引き出し事件。背景としては、回線契約がなくても口座が使える「ドコモ口座」自体と、安全性の脆弱なシステムで口座接続していた銀行側の双方に問題がありました。情報漏洩の経路も不明で、今後の対応が問われています。

東洋経済education×ICT