JR東「自販機で飲料プレゼント」は普及するか

アプリで購入、SNSで「ドリンクの贈り物」

JR東日本ウォータービジネスが新たに設置する「イノベーション自販機」のイメージ(写真:JR東日本ウォータービジネス)

スマホアプリをかざして事前に購入済みのドリンクをゲット。
 アプリとSNSを通じて友人や家族にドリンクをプレゼント。
 テーマは、“人と人をつなぐ”自動販売機――。

JR東日本グループで同グループの飲料事業を一手に手がけるJR東日本ウォータービジネスが、新しいタイプの“イノベーション自販機”を発表した。これまで、タッチパネルタイプの次世代自販機や電源いらずのバッテリー自販機などを生み出してきたいわば自販機業界の革命児である同社が、満を持して世に送り出す、今までにまったくないタイプの自動販売機だという。

SNSでドリンクのプレゼントを

公式発表に先立つメディア向けの説明会では、そのイノベーション自販機の詳細が明らかにされた。それによると、最大のポイントは3月7日にリリースされたスマホアプリ「アキュアパス」との連動ということになるようだ。現金は使うことができず、購入方法はSuicaなどの交通系ICカードとアプリのみ。アプリでは、クレジットカードを登録することで事前にドリンクを購入することができ、アプリ内に表示されるQRコードを自販機にかざしてドリンクを受け取れる…という仕組みだ。

さらに、LINEなどのSNSを通じて事前に購入したドリンクを知人にプレゼントすることができるのも大きな特徴。他にも、まとめ買いで安く購入できるなどのメリットもあるという。

次ページわざわざ自販機でアプリ?の疑問
鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • iPhoneの裏技
  • 岐路に立つ日本の財政
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
過熱! プログラミング教室<br>2020年度小学校必修化迫る

公教育への導入を目前に、プログラミング教室が急成長を遂げている。学習塾やIT企業だけではない。家電量販店や玩具メーカー、鉄道会社など異業種からも続々参入、供給過剰感も強まる。講師不足という問題も深刻に。