エレベーターはどうやって昇降しているのか

意外と知らない、周囲にある「すごい技術」

さて、そうした自販機普及の裏ではさまざまな努力がなされている。たとえば省エネの工夫。この四半世紀で電力消費量は7割以上削減された。照明をLEDにし、センサーを備えて照度を調整。さらには、取り出し口付近のみを冷却、加温し、すぐに売れるものだけを温め、冷やしているのだ。

(イラスト:小林哲也)
(イラスト:小林哲也)

よく目にする「エコベンダー」とは

最近は「エコベンダー」と呼ばれる自販機をよく目にする。これは「ピークシフト」機能を搭載した自販機だ。電気が最も使われる夏場の午後には冷却運転を停止し、その前にしっかり飲食物を冷却しておく機能が備えられているのだ。こうすることで、発電所の負担を軽減することができる。

『雑学科学読本 身のまわりのすごい技術大百科』(書影をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします)

面白いことに、一つの自販機で温かいものと冷たいものを同時に売る機能があるのは日本固有だという。狭いスペースを有効利用し、冷却の排熱をムダにしない“もったいない”精神を持つ日本人の特性がここに表れているのかもしれない。

なお、自販機の正面には設置場所を示すステッカーが貼られている。これは、2005年から始められたサービスで、災害発生時など、すぐ自分の居場所がわかるようになっている。また、災害時に中の飲料等を無料で提供する機能がついているものもある。自販機には、実はインフラ的存在としての一面もあるのだ。

(イラスト:小林哲也)

以上、私たちが外出時によく使っている“すごい技術”を簡単に解説したが、「身近なのにそもそもよく知らない」ものは、周囲をちょっと意識してみれば意外なほどたくさんある。私たちは今、“すごい技術”と共に生きているのだ。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • コロナ後を生き抜く
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ時代の勝者と敗者<br>不動産 熱狂の裏側

実体経済の悪化を尻目に、国内外から熱い視線が注がれる日本の不動産。業界の雰囲気とは対照的に、上場不動産会社の株価は軒並み軟調です。コロナ後の新常態で誰が笑い、誰が泣くのでしょうか。現場の最新情報を基に不動産市場の先行きを展望します。

東洋経済education×ICT