売れ筋「清涼飲料」トップ100商品ランキング

夏に売れるスポーツドリンク、コーヒー、お茶

夏場にスーパーでよく売れる清涼飲料とは?

8月が終わり、暦の上では秋に入った。今年の夏も暑い日が多かった。汗をダラダラかくほどの暑さの中では、熱中症対策の水分補給という観点からも、ジュースやお茶、スポーツドリンクなどの清涼飲料水をつい買い求めたくなるものだ。

清涼飲料水(ソフトドリンク)とは「一般に飲んだとき、さわやかで、のどの渇きをいやすのに適した飲み物。アルコール1%以上のアルコール飲料や牛乳、乳酸菌飲料以外の飲み物」(日本コカ・コーラHP)をいう。ペットボトルや紙パックのお茶、コーヒーなども広義に含まれる。

そんな清涼飲料で売れ筋となっている商品は何だろうか。筆者は5000万人規模の消費者購買情報を基にした全国標準データベース「True Data」を使って、主要な全国のスーパーマーケットのPOSデータを調べてみた。清涼飲料の売れ行き上位100商品について、100万人がスーパーマーケットに入店したとして、その100万人単位における売上金額を調べ、ブランド・商品別にランキングにした。

スーパーを対象とした調査で、コンビニエンスストアやドラッグストア、街にちらばる自動販売機の動向を加味していないため、主には一般家庭向けに強く、売上金額が「数量×単価」で割り出されるため、単価の高めな商品が上位に並ぶという、多少の偏りがあることをお断りしておきたい。また調査対象期間が2017年5月15日~8月6日であり、夏場の売れ筋になっている点も付け加えておきたい。ランキングにはノンアルコール・ビールやノンアルコール・カクテル、また6本セットなどの複数本パッケージは含んでいない。

「アクエリアス 2L」が1位

1位は「アクエリアス 2L」(日本コカ・コーラ)。100万人当たりの売り上げは93.6万円だ。アクエリアスは「ポカリスエット」(大塚製薬)と並び、日本で最もポピュラーなスポーツドリンクで2リットル入りの平均売価は131円。コストパフォーマンスの高さから、家庭向けに買い求めるニーズが強いのだろう。ちなみにポカリスエットは500ml入りが11位(同65.9万円)にランクインしている。

2位には「ネスカフェ エクセラ ボトルコーヒー 甘さひかえめ 900ml」(ネスレ日本)が入った。100万人当たりの売り上げは88.2万円。3位には「コカコーラ OTGボトル PET 500ml」(日本コカ・コーラ)が同79.8万円で続いた。

上位の多くを占めるのが歴史の長い定番品だ。いわばベタな商品が並んでいると気づく。アクエリアス、ネスカフェ エクセラ、コカコーラ以外では、「伊右衛門」「お~いお茶」「健康ミネラルむぎ茶」「三ツ矢サイダー」などだ。定番がもっとも訴求性がある。いま無数の商品が投入されているが、この定番に残るのが難しい。逆に、いったん定番となれば、消費者の購買行動に習慣づくことによってロングセラーとなる。

次ページまずは1~50位
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 本当は怖い住宅購入
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 令和を生きる若者のための問題解決法講座
  • 精神医療を問う
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
台湾と中国のデジタルは違う<br>唐鳳・台湾デジタル大臣に聞く

台湾を代表する天才プログラマーの名声を得て15歳で起業した唐鳳氏。「デジタル民主主義」「開かれた政府」を体現した38歳の若き大臣が、これまでの実績、日本や中国との比較、IT教育やITの未来などについて胸の内を語りました。

  • 新刊
  • ランキング