公開!「ビール系飲料」売れ筋トップ50商品

1位は新ジャンル王者、やはり定番が強い

あなたがよく飲む商品はランクインしていますか?(撮影:尾形 文繁)

ビール、発泡酒、新ジャンル――。9月に入ってもまだまだ暑い日が続く中、毎日の晩酌を楽しんでいる人も多いだろう。そんなビール系飲料で最も売れている商品は何か。スーパーマーケットにおけるビール系飲料の販売シェアランキングをまとめた。

5000万人規模の消費者購買情報を基にした全国標準データベース「TRUE DATA(R)」を使って算出した。調査期間は2015年7月~2016年6月。シェアは6缶セット、24缶ケースなども含めて個数ベース(単缶換算)とした。

ひとくちにビール系飲料といっても、スーパーなどの酒類売り場ではビールに発泡酒、または新ジャンルと呼ばれる商品など、複数のジャンルが揃っていることに気付く。実はビールを含めてお酒類は酒税法により用語が定義されており、そのうちビールと発泡酒の違いは大まかに言って麦芽使用率と使用原料の2面から分類されている。これに対して新ジャンルと言われるお酒は、酒税法上では「その他の醸造酒」「リキュール」に分類されるものであり、各社の工夫によりビールに近い味わいを作り上げている。

1位は「のどごし<生>」、「スーパードライ」も強い

さてランキングに目を移してみよう。1位は「のどごし〈生〉350ml」(キリンビール)だ。シェア(上位50商品中)は10.83%。本商品は2005年4月に発売以来、新ジャンル市場においてなんと11年連続売上ナンバーワンを達成しているカテゴリートップ商品であり、全体で3位、新ジャンルで2位となっている「金麦 350ml」(サントリー、同7.68%)を大きく突き放す。

続く2位には「アサヒスーパードライ 350ml」(アサヒビール)がランクインした。シェアは8.56%とビールとしては1位。スーパードライは、1987年3月に発売され、後にビール各社を巻き込んだ「ドライ戦争」を展開するなど空前のブームを巻き起こした銘品である。2016年現在で、発売開始から累計36億箱(1箱:ビール大瓶20本換算)以上を販売。全体5位(同4.11%)でビール2位の「キリン一番搾り 生ビール 350ml」(キリンビール)を圧倒する。もはや日本を代表するビールと言っても良いだろう。

このランキング表を眺めて気がつくのは、「新ジャンル」の強さだ。トップ50位の個数シェアをジャンル別に集計してみると、新ジャンル(55.6%)、ビール(25.9%)、発泡酒(18.5%)となる。これはつまり、ビール系飲料として売れている商品のうち、約6割は新ジャンルということになる。

次ページ売れ筋トップ50商品を一挙公開!
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 岐路に立つ日本の財政
  • CSR企業総覧
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
飲食業界、失敗する店と成功する店の決定的な差
飲食業界、失敗する店と成功する店の決定的な差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT