売れ筋「清涼飲料」トップ100商品ランキング

夏に売れるスポーツドリンク、コーヒー、お茶

日本では自動販売機で清涼飲料水を販売し、さまざまなバリエーションを生んできた。さらに、コンビニ、スーパーマーケットで、次々と新商品を投入し訴求してきた。そのノウハウは海外にも向けられ、いまでは中国、アジアや中東などにむけて、輸出もさかんになっている。

これまで、清涼飲料水=甘い=体に悪い、というイメージをもっていた消費者もいた。しかし、この10年は各社ともゼロカロリーのコーラなどでイメージ払拭をねらった。また、猛暑が続くなか生産量が過去最高を突破し続けた。さらにプライベートブランドでも清涼飲料水がいっそう強化されていった。

健康志向の飲料が増加傾向

また、これはかならずしも清涼飲料水だけではないが、2011年の東日本大震災以降、緊急時の備えとしての需要も高まった。 昨今では、エナジードリンク関連が盛り上がってきた。また、これまで以上にトクホのコーラをはじめとして、健康志向の飲料は多くなっている。今年は、あのライザップもキリンと組んで、ダイエット(減量)意識の強い消費者へ新商品を投入する。

ところで、清涼飲料水の国内市場は、少子高齢化があっても拡大している。さまざまな調査レポートがあり、細かな数字は異なるが、たとえば全国清涼飲料工業会によると1997年に150億リットルだった市場規模は、今では200億リットルを超える。 日本の人口は微減しているが、人口一人あたり消費量はもちろん上がっている計算だ。

中身を見てみると、炭酸飲料の伸びが凄い。また、東日本大震災について書いたが、非常食(飲料)としてのミネラルウォーター、緑茶系も急成長している。これからも日本人にとって清涼飲料水は欠かせない存在であり続けるだろう。とはいえ、飲み過ぎにはご注意を。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 実践!伝わる英語トレーニング
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 「米国会社四季報」で読み解くアメリカ優良企業
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大物経営者でも容赦なし<br>株主総会で支持率低下続出

LIXILグループなど、株主総会における株主提案が存在感を増している。取締役選任決議を独自に調査し、否決5人を含む賛成率の低い30人と、対前年で賛成率悪化幅の大きい200人のリストを掲載。社外取締役に対する株主の視線は厳しい。