エレベーターはどうやって昇降しているのか

意外と知らない、周囲にある「すごい技術」

ちなみに、日本最長のエスカレーターは香川県の遊園地「NEWレオマワールド」にあるもので(2017年末時点)、なんと96メートルもあるそうだ。

(イラスト:小林哲也)

「自販機」の進化が止まらない!

最後に、これも意外と知らない人が多いかもしれない「自動販売機」の仕組みについて取り上げる。

自動販売機(略して自販機)の歴史は古く、世界最古の自販機の登場は2000年以上も昔に遡る。それはコインを投入すると水が出てくる装置で、エジプトの寺院に置かれていたという。そして今では自販機だけのコンビニエンスストアもあるほど、その普及には目を見張るものがある。飲料や食物だけでなく、花や下着など、実にさまざまなモノが売られているのだ。

海外ではさほど目立たない自販機だが、普及台数だけ見ると、日本はアメリカやヨーロッパよりも実は少ない。海外で目立たないのは露出度が低いからで、海外ではビルの中など、防犯対策が施せる場所に設置されていることが多いため、日本ほど目立たないのだ。

次ページ自販機の省エネの工夫とは
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 湯浅卓「トランプ政権の真実」
  • 埼玉のナゾ
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
頭脳争奪<br>中国が仕掛ける大学戦争

国の未来を左右するのは優れた頭脳。大国化した中国は今、その受け皿となる世界トップレベルの大学をつくることに驀進中だ。1つの象徴が深圳(しんせん)の南方科技大学。教育強国となった中国の戦略と、受けて立つ日本の危機感が浮き彫りに。