エレベーターはどうやって昇降しているのか

意外と知らない、周囲にある「すごい技術」

ちなみに、日本最長のエスカレーターは香川県の遊園地「NEWレオマワールド」にあるもので(2017年末時点)、なんと96メートルもあるそうだ。

(イラスト:小林哲也)

「自販機」の進化が止まらない!

最後に、これも意外と知らない人が多いかもしれない「自動販売機」の仕組みについて取り上げる。

自動販売機(略して自販機)の歴史は古く、世界最古の自販機の登場は2000年以上も昔に遡る。それはコインを投入すると水が出てくる装置で、エジプトの寺院に置かれていたという。そして今では自販機だけのコンビニエンスストアもあるほど、その普及には目を見張るものがある。飲料や食物だけでなく、花や下着など、実にさまざまなモノが売られているのだ。

海外ではさほど目立たない自販機だが、普及台数だけ見ると、日本はアメリカやヨーロッパよりも実は少ない。海外で目立たないのは露出度が低いからで、海外ではビルの中など、防犯対策が施せる場所に設置されていることが多いため、日本ほど目立たないのだ。

次ページ自販機の省エネの工夫とは
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 憧れから一歩前へ! キャンピングカーのある日常
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 今見るべきネット配信番組
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ時代の勝者と敗者<br>不動産 熱狂の裏側

実体経済の悪化を尻目に、国内外から熱い視線が注がれる日本の不動産。業界の雰囲気とは対照的に、上場不動産会社の株価は軒並み軟調です。コロナ後の新常態で誰が笑い、誰が泣くのでしょうか。現場の最新情報を基に不動産市場の先行きを展望します。

東洋経済education×ICT