部下と「友達になろう」とする上司の盲点

新任管理職が冒しがちな過ちとは?

上司と良好な関係を保ち、情報を部下に徐々に浸透させる

新任マネジャーになると、一(いち)従業員だった頃には知らなかった事業戦略や経営の一端に触れることになり、どう対応していけばよいのか苦労することもあるでしょう。自分のチームの士気や業績、懸念事項に関する情報を経営幹部と共有し、上司と良好な関係を保ちつつ、組織のビジョンや業績、優先事項についての情報を部下に浸透させる必要があります。

根拠のある自信を持つ

支援を求める

どう対処したら良いかわからない事態に直面することもあるでしょう。それは能力不足のためではなく、あなたが成長できる兆候なのです。上司や同僚、あるいは新任マネジャー仲間に、ためらうことなく「ちょっと困っているのですが、一緒に取り組んでもらえませんか?」と頼んでみましょう。

あなたは1人ではありません。私はコーナーストーン社でコーチングをしていますが、シニアレベルの経営幹部の何人かから、「自分のやっていることが分からなくなる」と打ち明けられたことがあります。支援を求めてください。以前、同じ問題に直面したことのある仲間がいるかもしれません。

決断する

役割と期待事項を明確にしたら、自信を持って行動に移します。達成できない恐れがあったとしても、ためらわずに決断してください。前向きな失敗は、成長への最善の道です。部下や上司と強固な関係が構築できていれば、彼らはチームが直面するあらゆる課題に喜んで対応してくれるでしょう。

管理職になることには重い責任が伴います。部下を持ち、チームを任され、重みを増した自らの役割だけでなく、部下のキャリアパスにも注意を払う必要があります。

信頼性、明確なコミュニケーション、根拠ある自信をもつことを心掛けていれば、着実に素晴らしいマネジャーに成長できるでしょう(着任後2年以内に行き詰まってしまう60%の新任マネジャーの中に入ることなく)。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 不妊治療のリアル
  • 就職四季報プラスワン
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 若者のための経済学
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
新車販売の3割が自社登録<br>BMW「自爆営業」の実態

高級輸入車BMW。その国内販売店で今、大量の新車が中古車として売られている。日本法人が課した厳しいノルマで、ディーラーが自社登録しているのだ。本誌はBMWジャパンの強引な販売の証拠となる内部資料を入手。背景にも迫る。