「枕選び」のポイントは、意外なところにある

「買い替え」ではなく「買い足す」気持ちで

持ち帰っていざ本格的に寝てみたのですが、ほどなくして使うのをやめてしまいました。確かに理想的な高さではあったのですが、どうも触感や反発力が自分に合わなかったのです。頭を乗せたときのほっとするような柔らかさが足りず、そのとき初めて「自分は頭がふんわり受け止められて、柔らかな肌触りの枕じゃないとダメらしい」と気づきました。自分の好みを知らなかったがゆえの失敗です。

話題のマットレスパッドも、いざ寝てみたら沈みすぎて、就寝中に熱がこもって暑く、よく眠れなかったという声を聞いたこともあります。特に体格のいい男性にとって、低反発系のマットレスは沈み込みが激しく、苦手な人も多いかもしれません。

このように高いおカネを払って持ち帰ったものの、なじまなかった経験は誰にもあるでしょう。自分に必要なものがわからないと、あとから後悔することになります。高いとその分怒りや不満も大きくなるから困りますね。

逆に、購入時は非常に満足していた高級マットレスが、自分の体型の変化や素材の経年劣化とともに体に合わなくなってしまったことがありました。

その後紆余曲折を経て、現在は980円程度で買った枕を中心に、枕は2個態勢。さらに3000円程度で買ったマットレスパッドを既存のマットレス上にプラスして調整し、お気に入りの寝具セットとしています。

「安い枕」を2~3個買って試す

以前、枕選びの相談に乗ってほしいと依頼されたことがありました。「妻が枕が合わなくて眠れないらしい。どこの製品がいいか?」とのことでした。しかし、お会いしたことがない方ですし、私の好みが合うとは限りません。

そこで女性なら低めがいいかもしれない、という想定のもと、高さや形、柔らかさの違う“安い枕”を2~3個買って、どれが好きか絞ってもらってはどうかと提案しました。もし違っても1つ1000円程度なのでダメージは最小限です。実際にモノを前にすれば、高さはこれ、形はこれ、肌触りはこんな感じ、といった好みが明確になるはずです。安いから気楽に言えますし、高さだけが足りないならタオルで補充できるので、すぐ使えます。

次ページ自分の好みをはっきりさせることが大事
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • あふれる独自性 ニッポンのすごい研究者
トレンドライブラリーAD
人気の動画
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
人望のない人は「たった一言」が添えられない
人望のない人は「たった一言」が添えられない
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
漂流する東芝<br>舵取りなき12万人の悲運

再出発したはずの東芝の漂流が止まりません。再建請負人の車谷暢昭社長が電撃辞任。緊張感が増すファンドとの攻防や成長戦略の構築など課題は山積しています。従業員12万人を超える巨艦企業はどこに向かうのでしょうか。

東洋経済education×ICT