“無名”からドラフト1位候補に出世した男

富士重工、東明大貴のシンデレラストーリー

普通にしていたら勝てない

過去を振り返れば、東明を突き動かしてきたのは不安や悔しさ、周囲の期待に応えようという気持ちだった。富田高校卒業後は就職するつもりだったが、野球部の監督に「大学でやってみないか」と誘われ、考えを変えた。「やるなら関東に行って、もっとすごいヤツらが集まる世界を見てみろ」と言われ、高校3年の8月、桐蔭横浜大学のセレクションを受ける。スポーツ推薦はかわなかったものの、AO入試で合格した。

当時の東明について、齊藤監督は「そんなに評価していなかった」と言う。しかし翌年2月、入学前に桐蔭横浜大学の練習に参加すると、球速が格段に上がっていた。

高校入学から2年半の野球生活を終えた球児の中には、大学進学までにサボってしまう者も少なくない。むしろ、「遊びたい」と思うのは普通の感覚だろう。東明にもその気持ちはあったものの、欲望より不安が上回っていた。

「セレクションで自分よりすごい選手たちを見て、普通にしていたら勝てないと思いました。1対1の“よーいドン!”では勝てないから、ほかの人の練習量が落ちる時期に練習しておこう、と」

富田高校時代は結果こそ残せなかったものの、厳しい練習に打ち込んできた。高校野球から引退した夏以降も同じトレーニングを続け、新たにウエートトレーニングを始めた。東明自身は「何かを変えたわけではない」と言う一方、齊藤監督には「かなり練習してきたな」と映った。

東明にとって幸運だったのは、2006年に創部したばかりの桐蔭横浜大学野球部には、上級生が2学年上までしかいなかったことだ。「練習で技術を鍛えるのではなく、別の場所で技術を伸ばせという感じの監督でした」と東明が振り返るように、齊藤は選手の自主性を重視している。東明が自身を鍛えた場所は、打撃投手だった。

「バッティングピッチャーって、やりにくいんですね。先輩相手にストライクを投げなくてはいけないので、ある程度のプレッシャーがかかってきます。自分は『ほかのバッティングピッチャーがいないときは、とにかく投げておこう』とやりました。そうやって取り組んでいたから、『あいつは頑張っているから、とりあえず試合でも投げさせてみよう』となったと思います」

実戦形式で投げることで、東明はメキメキと実力を伸ばした。入学後もストレートの球速が上がり、1年夏に社会人の強豪・JR東日本と行ったオープン戦では三振の山を築いた。秋のリーグ戦が始まる前には齊藤監督が「秘密兵器」と期待するほどに成長し、4勝を飾った頃にはエースと呼ばれていた。

次ページ1番へのこだわり
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 憧れから一歩前へ! キャンピングカーのある日常
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
人気の動画
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「雑談で笑いを取れない人」が知らない基本原則
「雑談で笑いを取れない人」が知らない基本原則
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激動相場に勝つ!<br>株の道場

6月18日発売の『会社四季報』夏号が予想する今期業績は増収増益。利益回復に支えられる株価が上値を追う展開になるか注目です。本特集で株価が動くポイントを『会社四季報』の元編集長が解説。銘柄選びの方法を示します。

東洋経済education×ICT