タイガーマスク"伊達直人"が本名で語る意義

正体を明かした会社員が見つめる過去と今後

タイガーマスク運動の仕掛け人が今、正体を明かして語ることとは…(写真:肥沼和之撮影)

タイガーマスク運動を覚えているだろうか。2010年12月25日、群馬県前橋市の児童養護施設に、「伊達直人」名義でランドセルが贈られた。それをきっかけに、全国の施設で相次いだ寄付行為のことだ。

伊達直人といえば、故・梶原一騎氏が原作のプロレス漫画『タイガーマスク』の主人公。悪役レスラーとして活躍する彼は、自身が育った児童養護施設の経営難を知る。そして秘密組織・虎の穴を裏切り、納めるべきファイトマネーを、匿名で施設に寄付し続けたのだった。その伊達直人が実際に現れ、原作と同様、善意ある行動をとったことが話題となり、タイガーマスク運動はたちまち社会現象となった。

社会を動かし、マスコミを動かし、行政を動かした

この連載の一覧はこちら

ランドセルを寄付した人物の正体は、群馬県前橋市に在住の会社員・河村正剛さん。これまで正体を明かしてこなかったが、2016年12月7日、プロレスラー・初代タイガーマスクこと佐山聡氏のデビュー35周年大会でリングに上がり、自らが伊達直人であることを公表した。

2017年12月には、ふるさと納税の優れた使い道を表彰する「ふるさとチョイスアワード」で、河村さんの提唱によって前橋市が始めた「タイガーマスク運動支援プロジェクト」が大賞を受賞。これは、児童養護施設を出た若者の進学・就職を支援するため、新生活の費用として15万円を支給するほか、市内の自動車教習所と連携し、運転免許取得にかかる費用の無償化を行うもの。その財源として、ふるさと納税の活用というこれまでにない試みを行ったのだ。2017年12月末時点で、寄付件数は308件・合計2119万円が集まっている(数字はふるさと納税総合サイト「ふるさとチョイス」より)。

このように、河村さんがたった1人で始めたタイガーマスク運動は、社会を動かし、マスコミを動かし、行政を動かした。いったい、なぜ彼には実現できたのだろうか。運動の背景にある思いや信念、行動哲学、そしてどのメディアにも明かしたことがないという恩師との出会いを聞いた。

次ページごく普通の会社員である河村さん
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • ブックス・レビュー
  • 就職四季報プラスワン
  • 映画界のキーパーソンに直撃
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
電池開発でノーベル化学賞<br>吉野彰氏が示した「危機感」

受賞会見とともに、リチウムイオン電池の開発の歴史と当事者の労苦を振り返る。世界の先頭を走ってきた日本も、今後および次世代型の市場では優位性が脅かされつつある。吉野氏率いる全固体電池開発プロジェクトに巻き返しの期待がかかる。