120人の不良を更生させた「中澤さん」の流儀

「下町のすごい保護司」と「更生カレー」

多くの人を更正に導いた下町の保護司、中澤さんの仕事に迫ります(写真:今井康一)

改造したバイクにまたがり、爆音を轟かせながら信号無視や蛇行運転を繰り返す。暴走行為のほか、対立するチームと抗争を起こし、ときには一般人にさえ襲い掛かる。暴走族の少年たちだ。中には暴力団とネットワークを持ったり、薬物を乱用したり、殺人などの重罪に手を染めたりする者もいる。近年は人数もグループ数も減少しているが、それでもまだ全国に5200名以上がいる(「平成29年版 犯罪白書」より)。

遭遇してしまったとき、できればかかわり合いになりたくない、と多くの方が思うであろう。筆者もその一人だ。しかしひるむことなく、暴走族をはじめとした120名以上の非行少年・犯罪者と向き合ってきた人がいる。世話を焼くのが大好きで、困っている人を見ると助けずにいられない性分。“下町のおばちゃん”という表現がぴったりの、保護司・中澤照子さん(75歳)だ。

犯罪や非行に走った人を支える「保護司」という仕事

そもそも、保護司という言葉はあまり聞きなれないかもしれない。簡単に言うと、犯罪や非行に走った人を更生させ、社会復帰の支援をする人たちだ。

主な役割として、保護観察がある。犯罪や非行をした人と定期的に面接し、更生のための約束事を守るように指導や、生活上の助言や就労の手助けを行うことだ。

そのほか、生活環境調整といって、少年院や刑務所に収容されている人が、スムーズに社会復帰を果たせるよう、釈放後の帰住先の調査、引受人との話合い、就職の確保などを行う。また、地域の犯罪予防活動も行っている。法務省が依頼する極めて重要な仕事だが、後述するようにすべてボランティアで行われている。

次ページ中澤さんはどんな人物なのか
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 岡本幸一郎の自動車情報発信局
  • インフレが日本を救う
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
銀行 地殻変動<br>先で待つ「不良債権地獄」の恐怖

コロナ危機を受け、銀行は政府の支援の下、積極的に「傘」を差し出し、融資をしています。しかし融資先には「危ない企業」も含まれ、下手をすれば不良債権によって屋台骨を揺るがしかねません。自ら大きく変わり始めた銀行の近未来を占います。