「ぐにゃり折れ曲がるiPhone」は誕生するのか

特許情報の分析によって分かることは多い

そもそも、「折れ曲がるスマートフォン」の需要(顧客ニーズ)はあるのだろうか。

参考情報として、iPhone Xが発売される直前の昨年9月に公表された「新型iPhoneに最も期待する機能は? 米国1000人のアンケート結果」によれば、「ワイヤレス充電機能」「カメラ機能」「AR機能」が挙がっている。また「次期iPhoneで楽しみにしている機能・仕様は?」によれば、上記以外で、「全面ディスプレイ」「顔認証」「仮想ホームボタン」、さらに、「楽しみにしている機能・仕様」として、「頑丈なガラスと持ちやすさ」「完全防水」「バッテリー強化」「画面録画」が挙がっている。

上記のうち、いくつかのアイテムは、iPhone Xに採用されたものだ。

しかし、「折れ曲がるスマートフォン」を想起するようなキーワードは見つからない。言い換えれば、「折れ曲がるスマートフォン」とするための市場ニーズが明確でないことが確認できる。

では、「折れ曲がるスマートフォン」についての製品計画発表などはされているだろうか。

この点では、サムスンモバイルがディスプレイを折り畳むことが可能なデバイスの計画を明らかにしている。また、昨年10月にはアップルがLGと共同で折り畳めるiPhoneのためのディスプレイを開発していると報じられている(LG Apple teams up with LG Display for foldable iPhone)。

マーケット情報と特許情報を組み合わせた未来予想図

こうした情報を総合すると、アップル、サムスン、LGが「折れ曲げ可能なスマートフォン」を研究開発していることの信憑性の高さを確認できる。

さらに、特許情報からは、たとえば、アップルのように特定の会社の特許に注目することで、その特許が、たとえば、サムスンやLG等のような他社から注目されているかどうかも確認することができるわけだ。

これまでの検討からすれば「折れ曲がるスマートフォン」が出そうな雰囲気だ。しかし、実現にはなおも高いハードルがあるように思える。

次ページ高いハードルとは?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 看取り士という仕事
  • コロナショックの大波紋
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「賃料補助」は焼け石に水<br>飲食店を追い込む“遅い政治”

多くの飲食店経営者が自粛要請に応じています。政治に求められるのは救済プランの素早い策定ですが、与野党案が固まったのは5月8日。せめて第1次補正予算に盛り込まれていれば――。永田町の主導権争いが、立場の弱い人たちを苦しめています。