井上 貴夫(いのうえ たかお) Takao Inoue
弁理士、AIPE認定シニア知的財産アナリスト(特許)

広島県福山市出身 愛知工業大学大学院修士課程修了。日立製作所において携帯電話のCDMA基地局のハードウエア設計開発に従事し、その後、日産自動車 知的財産部において出願・権利化業務、他社権利調査業務等に従事する。2014年に伊藤特許事務所に入所。伊藤特許事務所の弁理士であり、株式会社知財ランドスケープの取締役COO。IPランドスケープ手法を用いた各種コンサルティングを通じて企業の経営戦略(事業戦略)をサポートする提案型業務に取り組んでいる。AIPE認定シニア知的財産アナリスト(特許)。

※このプロフィールは、東洋経済オンラインに最後に執筆した時点のものです。
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT