「ぐにゃり折れ曲がるiPhone」は誕生するのか

特許情報の分析によって分かることは多い

企業の特許の出願を見れば、その企業がどのような技術に着目し、研究開発しているかを分析できる(写真:Leszek Kobusinski/iStock)

最新機能を搭載したアップル「iPhone X」。その先に登場する新製品はどのようなものなのだろうか。

アップルの動向を報じるいくつかの専門メディアからはiPhoneの新製品の1つとして、「2020年に折れ曲がるiPhoneを出すのではないか」との報道がある。このウワサは確度が高いといえるのだろうか。

いきなり結論から書くと、当面の間、ぐにゃりと折れ曲がるiPhoneが世の中に登場することはないだろう。なぜこのようにいえるのかといえば、特許情報とマーケット情報を融合する分析手法によって、近い将来の製品は十分に予測できるからだ。

「IPランドスケープ」とは何か

この分析手法は「IPランドスケープ」ともいわれる。IPランドスケープとは、特許などの「Intellectual Property(知財)」と、景観や風景を意味する「Landscape」を組み合わせた造語。近年、欧米の先進企業が取り組んでいる一種のマーケティングリサーチの手法である。

知的財産の出願というのは早いもの勝ちのため、実際の製品の上市よりも相当前に行われている。しかも基本的にすべて公開されるため、知的財産、特にある企業の特許の出願を見れば、その企業が将来、どのような技術に着目し、研究開発しているかを分析できる。この他社の特許情報とビジネスの情報(特にマーケット情報)を適宜組み合わせてリサーチして他社ビジネスの動向を予測するなどして経営戦略や事業戦略に生かすというのがIPランドスケープである。

まず、「折れ曲がるスマートフォン」に関する特許情報の状況を検証してみよう。

次ページ特許情報からわかること
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • iPhoneの裏技
  • コロナ戦争を読み解く
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
“臭いものに蓋”で終わるのか<br>JDI「不正会計」の晴れぬ闇

ジャパンディスプレイが不正会計について、第三者委員会調査報告書を公表しました。しかしその内容は有識者8人のうち7人がF(不合格)の格付けをするほどの低評価です。自殺した社員に責任を押し付ける報告書の詳細をリポートしました。