「ぐにゃり折れ曲がるiPhone」は誕生するのか

特許情報の分析によって分かることは多い

ここで元に戻ってみて、先程のアップル特許に対して、アップル自身が単なるアイデア特許ではなく、継続して出願しているかどうかを確認してみよう。

先程の図3を確認してみると、アップルも昨年の公開特許で、「Flexible Device With Decoupled Display Layers」というわかりやすいタイトルがつけられた出願がされており、内容を見てみると、図6に示すように、画面がぐにゃりと折れ曲がったスマートフォンが開示されている。

図6 アップル公開特許(US20170092892)

また、この特許では、液晶ディスプレイや有機ELディスプレイだけでなく、次世代のディスプレイ技術であるmicroLEDの利用も想定されているようだ。

ただし、デザインに関する知的財産権である意匠権については確認できなかった。

第3位のLGエレクトロニクスは?

次に、スマートフォンで世界シェア第3位のLGエレクトロニクスは、特許を出しているのだろうか。

先程の図3を確認してみると、LGエレクトロニクスも特許で、「Portable electronic device and control method thereof」というタイトルで出願をしており、内容を見てみると、図7に示すように、まさに、画面がぐにゃりと曲がる、「折れ曲がるスマートフォン」が開示されている。LGも「折れ曲がるスマートフォン」の開発をしているようだ。

図7 LG公開特許(US20160026219)

次に、特許情報を離れ、マーケティング情報を使って検討してみよう。

次ページマーケティング情報から予測すると?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT