「ぐにゃり折れ曲がるiPhone」は誕生するのか 特許情報の分析によって分かることは多い

印刷
A
A

ここで元に戻ってみて、先程のアップル特許に対して、アップル自身が単なるアイデア特許ではなく、継続して出願しているかどうかを確認してみよう。

先程の図3を確認してみると、アップルも昨年の公開特許で、「Flexible Device With Decoupled Display Layers」というわかりやすいタイトルがつけられた出願がされており、内容を見てみると、図6に示すように、画面がぐにゃりと折れ曲がったスマートフォンが開示されている。

図6 アップル公開特許(US20170092892)

また、この特許では、液晶ディスプレイや有機ELディスプレイだけでなく、次世代のディスプレイ技術であるmicroLEDの利用も想定されているようだ。

ただし、デザインに関する知的財産権である意匠権については確認できなかった。

第3位のLGエレクトロニクスは?

次に、スマートフォンで世界シェア第3位のLGエレクトロニクスは、特許を出しているのだろうか。

先程の図3を確認してみると、LGエレクトロニクスも特許で、「Portable electronic device and control method thereof」というタイトルで出願をしており、内容を見てみると、図7に示すように、まさに、画面がぐにゃりと曲がる、「折れ曲がるスマートフォン」が開示されている。LGも「折れ曲がるスマートフォン」の開発をしているようだ。

図7 LG公開特許(US20160026219)

次に、特許情報を離れ、マーケティング情報を使って検討してみよう。

次ページマーケティング情報から予測すると?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
ガストがあえて「低価格メニュー」の拡充に走る根本的な理由
ガストがあえて「低価格メニュー」の拡充に走る根本的な理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT