「ぐにゃり折れ曲がるiPhone」は誕生するのか

特許情報の分析によって分かることは多い

図1 他社が基礎技術(≒特許)に注目する概念図(筆者作成)

そもそも、新技術の大半が既存技術を基礎とする「組み合せ」であり、その組み合せに利用された技術、言い換えるなら他社に引用される技術は、まさに「基礎技術」といえる。すなわち、「他社が基礎にした技術(≒特許)」を見ることで「他社がその技術(≒特許)に注目している」かどうかを確認することが可能となる。

アップルの特許はどうなっているのか?

トレンドを見るうえで、2010年以降の出願に着目し、「Flexible Displays」というキーワードで調査を行い、アップルが出願した中から興味深いものをピックアップしてみた。

図2 アップル特許(US8929085)

そうすると、2011年に出願されたもので、2015年に米国で登録となり、日本でも昨年登録になった「フレキシブル電子デバイス」という発明が特定された。

この特許は、「ディスプレイやハウジングおよび内部パーツが柔軟であり変形可能」とされており、画面がコンニャクのように曲がる、「折れ曲がるスマートフォン」が開示されている。

次に、「他社が上記アップル特許に注目している」かどうかを確認してみよう。このアップルの特許に対して、他社がどれだけ注目しているか。

次ページ他社からの注目は?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
人気の動画
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT