超大質量ブラックホール周辺にさらに数千個

最大1万個のブラックホールが存在

 4月5日、米航空宇宙局(NASA)のチャンドラX線観測衛星のデータによって、天の川中心に存在することが知られている超大質量ブラックホールの周辺に数千個のブラックホールがある形状が確認された。研究は科学誌ネイチャーに掲載された。提供イラスト写真は「いて座A*」を取り巻く数十個のブラックホール(2018年 ロイター/Columbia University)

[ワシントン 6日 ロイター] - 米航空宇宙局(NASA)のチャンドラX線観測衛星のデータによって、天の川中心に存在することが知られている超大質量ブラックホールの周辺に数千個のブラックホールがある形状が確認された。銀河系の中心には超大質量ブラックホールがあり、その周辺に多数のブラックホールが存在するとされてきた数十年来の推測が確認された形で、研究は科学誌ネイチャーに掲載された。

最大1万個のブラックホールが存在

今回注目されたのは、銀河系中心の超大質量ブラックホール「いて座A*」を取り巻く数十個のブラックホール。これを元に、科学者らは「いて座A*」から3光年四方に最大1万個のブラックホールが存在すると推定した。

「いて座A*」は、太陽の400万倍の質量を持ち、地球から2万6000光年(1光年は約9.5兆キロ)の距離にある。

今回観測されたブラックホールはすべて巨大な星の崩壊によって生じたもので、近くを通過する恒星を捕捉し、結びついて伴星を持ち、連星系と呼ばれる星の固まりを形成した珍しいケース。ブラックホール自体は観測できないが、それが形成した連星系が発するX線を観測することで、存在が確認できるという。

関連記事
トピックボードAD
  • 育休世代 vs.専業主婦前提社会
  • 激震!トヨタ×ソフトバンク
  • ソロモンの指輪〜「本能と進化」から考える〜
  • 卒業 さや姉の克己心
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
トヨタとソフトバンク<br>入り乱れる異業種連携

「モビリティサービス会社に変わる」宣言をしたトヨタ自動車が、常に先を行くソフトバンクに頭を下げた。世界企業の合従連衡を1枚で表した「自動車・IT業界地図」に崩れる垣根が一目瞭然。