宇宙の大半を占める「暗黒物質」とは何なのか

<動画>NASA研究者が暗黒物質の密集域を発見

ナレーションは英語で、本文がその日本語訳です(音量にご注意ください)

ブラックホールは銀河系を移動しているが、地上では科学者たちがその動きを未知の世界まで追跡している。

メリーランド州のNASAゴダード宇宙飛行センターでは、研究天体物理学者のジェレミー・シュニットマンが自身のブラックホールに関する専門知識を活かして、暗黒物質というまた別の未知なるものを追跡している。

シュニットマンはこう語る。「我々は暗黒物質が宇宙の物質の大半を占めていることは知っているのですが、それが一体何であるかは分かっていないのです」。

だがシュニットマンが作成したコンピューターシミュレーションのお蔭で、シュニットマンやその他の科学者たちは、ブラックホールの軌道を周回する暗黒物質の密集域を発見したと確信する。

シュニットマンは、ブラックホールの高重力が暗黒物質の粒子の衝突を引き起こしている、と考える。そしてその衝突がガンマ線を生み出していると考えられている。ガンマ線は紫外線の約100倍ものエネルギーを運ぶのだ。

シュニットマンは、この放射は科学者にとってブラックホールやとらえどころがない暗黒物質のことをより良く知るのに最適な実験場となる、と言う。

シュニットマンはこう語る。「物理学にとっては聖杯のようなものです。こんなことを言うのもなんですが、新しい粒子を発見するたびにノーベル賞ものなんです。暗黒物質粒子も同じことです。ですから、たとえ成功率が低くても、そしてこれが多々ある探索方法の1つにすぎなくても、当然もの凄い成果をもたらすことになるんです」。

シュニットマンは、ブラックホールのように大きな興奮の中にある。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナウイルスの恐怖
  • 若者のための経済学
  • 今日も香港から
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
船・港――海の経済学<br>ニッポンの生命線が危ない

環境規制の強化によって、日本の海運会社は大きな投資を迫られています。中韓に敗れた日本の造船業界はさらなる再編が不可避に。日本の港湾の競争力低下も止まりません。「海をめぐるグローバル競争」の最前線を掘り下げます。