スペースXの「ファルコン」、打ち上げに失敗

<動画>打ち上げから2分後に爆発

米国の民間宇宙船会社「スペースX(スペース・エクスプロージョン・テクノロジーズ)」は6月28日、フロリダ州のケープ・カナヴェラル空軍スペーションから、国際宇宙ステーション(ISS)への「ドラゴン」補給船7号機を搭載した「ファルコン9」ロケットの打ち上げを行った。

打ち上げ時間は日本時間の6月28日23時21分。ところが打ち上げから2分後、ファルコンは爆発を起こした。動画は打ち上げから爆発までの様子を表したもの。

今回のドラゴンには千葉工業大学が開発した流星観測カメラを搭載していたが、残念な結果になった。

NASAではスペースシャトルを退役させたことにより、有人飛行をロシアのソユーズ宇宙船に頼る一方、物資補給を民間会社のスペースXに依存する形を取っている。ドラゴンのステーションへの飛行は今回が8回目で、2012年の初回以降、失敗はなかった。ISSへの無人補給船を皮切りに、将来の有人宇宙飛行へ向けた準備を進めてきたスペースXの威信は、大きく傷が付いた。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 井手隊長のラーメン見聞録
  • 最新の週刊東洋経済
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ニセコ 熱狂リゾートの実像<br>開発に翻弄される小さな北の町

「パウダースノー」を求め、北海道のニセコに殺到する外国人客。その数は住民約2万人の14倍にも及びます。観光ばかりでなく、別荘が建ち不動産投資も活発化しましたが、地価高騰やインフラ整備負担による財政圧迫の問題も出ています。活況と苦悩の両面に迫りました。