ヴァージン墜落、遠のく「宇宙旅行の夢」

<動画>テスト飛行中の事故で1名死亡

機体の破片にはVirginのロゴがみえる

10月31日、モハベ砂漠上空でのテスト飛行中、ヴァージン・ギャラクティック社のサブオービタル宇宙船が事故により壊れて、少なくとも1人が死んだ。

多くのヘリコプターとトラックがカリフォルニア州のモハベ砂漠の1カ所に集結した。テスト飛行中に落下したヴァージン・ギャラクティックの機体の破片がある場所だ。

この宇宙船「スペースシップ2」は、ヴァージングループ総帥、リチャード・ブランソン氏の元で開発が進められてきた。地元の警察は2名のパイロットのうち1人が死に、1人が重傷だという。

事故の原因は不明

ナレーションは英語です(音量にご注意ください)

スペースシップ2は今年1月以降、テスト飛行に力を入れてきた。今回の事故の原因は不明だ。会社側は、非常に深刻な事故と認識し、当局とともに原因を分析していくと宣言している。

800人以上の人々がすでに、この宇宙船に乗るための予約をしている。この宇宙船は、100キロほど上空まで上昇し、乗客に対して宇宙の暗黒に浮かぶ地球の眺めを楽しめる、というものだ。

今回の事故は米国の宇宙関連会社にとって1週間で2度目の事故だ。10月28日(火曜日)には、ISS(国際宇宙ステーション)に荷物を運ぶミッションを持ったオービタルサイエンス社のロケットがヴァージニア州でリフトオフした直後に爆発している。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • フランスから日本を語る
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 財新
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT