ヴァージンの2000万円宇宙の旅、多くの日本人が購入、宇宙基地も建造中

ヴァージンの2000万円宇宙の旅、多くの日本人が購入、宇宙基地も建造中

ヴァージン・グループのヴァージン・ギャラクティックが、商用ロケット旅行事業を着々と進めている。ヴァージン・ギャラクティック(Virgin Galactic)は、リチャード・ブランソンが2004年に設立した民間宇宙旅行会社。09年12月には、パイロット2人と乗客6人が乗れる有人宇宙船「Virgin Space Ship(VSS) Enterprise」(旧称スペースシップ2)を初披露した。
 
 宇宙旅行の運航は双頭の母船「VMS EVE」(旧称ホワイトナイト2)が地上15キロメートルまで上昇し、小型宇宙船を運ぶ。そこから中央部にあるパイロットと乗客を乗せたVSSを切り離す。
 
 VSSは自力で100キロメートル上空まで上がり、そこで4分ほどの無重力を体験し、窓の外の青い地球を鑑賞する。トータルで往復約2時間半の宇宙旅行だ。事業の成功には、安全性確保が最優先となる。初飛行には創業者のリチャード・ブランソンと息子、両親らが乗り込む予定だ。

VSSは現在、広範なテスト飛行を続けている最中だ。ヴァージン・ギャラクティック営業本部長キャロリン・ウィンサーによれば、「VSSの地上でのテストだけでなく、母船に抱えられて飛ぶテストはすでに2度行いました。次はVSSの単独飛行を含む3度目の飛行テストに進むところです」。
 
 ロケット発射だけでなく、関連のインフラ整備も続行中で、米国ニューメキシコ州のロケット発射基地、「スペースポート・アメリカ」の建造(http://www.spaceportamerica.com/)の計画も動いている。発射基地のそばにはヴァージン・ギャラクティックの宇宙旅行客と彼らを見送る家族が泊まるホテル建設計画も。
 
 新設のホテルは、大手のホテルグループと提携して整備、「宇宙旅行をイメージした内装になるのか、スパ設備などリラクセーション機能が充実したリゾート型のホテルになるかは未定」とウィンサー営業本部長。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 今見るべきネット配信番組
  • コロナ後を生き抜く
  • 若者のための経済学
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「説得力のある話ができる人」と「説得力のない人」の差
「説得力のある話ができる人」と「説得力のない人」の差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激動相場に勝つ!<br>株の道場

6月18日発売の『会社四季報』夏号が予想する今期業績は増収増益。利益回復に支えられる株価が上値を追う展開になるか注目です。本特集で株価が動くポイントを『会社四季報』の元編集長が解説。銘柄選びの方法を示します。

東洋経済education×ICT