私がテレビの「ババ抜き」対決で負けない理由

メンタリストDaiGoが明かす不安を除く方法

不安心理を突くと人は動揺して自滅します(写真:Satoshi KOHNO / PIXTA)

「ババ抜き対決」で連戦連勝するのには理由があった

「そんなに簡単な配置でいいんですか?」

お互いにジョーカーを含む、5枚のトランプのカードを目の前に並べ、先攻後攻で1枚ずつ引いていく。最後までジョーカーが手元に残った側が負け。テレビ番組などの「ババ抜き対決」で、私が相手に向けて最初に投げかける言葉です。

ゲームが始まり、相手が5枚の手札を並べたとき、このように挑発すると、相手の性格にもよりますが多くの人はイラッとして、怒りの感情が表に出ます。すると、無意識のうちに視線がジョーカーのほうに向かいます。

たとえば「ジョーカーを引いたらモノマネをする」という罰ゲームが設定されているとします。その場合には、「モノマネ、得意なネタがあるんですか?」など、相手が負ける前提で雑談を始めます。こちらの自信を暗に伝えることで、相手の心では不安が高まります。

「自分のジョーカーの位置はここでいいのか」「DaiGoはなぜあんなに自信満々なのか」「何か仕掛けがあるのか」「もし負けたらモノマネをするのは嫌だ」など、脳はネガティブなことに反応し、相手は勝手に不安の渦に追い込まれていきます。

その結果、目の前の勝負に集中できず、ミスをして自滅していくのです。

実は、私はメンタリストとしてテレビ番組でこうしたパフォーマンスをするときに、心理療法の「脱フュージョン」という手法を反対方向から活用しています。

そもそも、フュージョンとは「融合」「混ざり合う」といった意味です。たとえば、音楽のジャンルの1つであるフュージョンは、ジャズ、ロック、ラテンなどを融合させたジャンルです。

次ページ「脱フュージョン」でネガティブ思考を手放す
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 就職四季報プラスワン
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 会社を変える人材開発の極意
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
チャイナ・スタンダード<br>新・ハイテク覇権国 中国

5G、IoTなど次世代技術の主導権をめぐって激突する米中。その間にも中国テック企業のイノベーションは着々と進む。ファーウェイ、アリババ、鴻海……。世界のハイテク覇権を狙う中国企業たちの実力を総点検する。