東大の入試問題は難しすぎると思う人の盲点

「知識」よりも「頭のやわらかさ」が必要だ

試験会場で「時刻表!?」と驚いた受験生も多かったであろうこの問題ですが、もちろんちゃんと考えなければ正解することはできません。各時刻表の1日当たりの本数は以下です。

a)1日2本
b)1日11本
c)1日21本
d)1日54本

まず、一番台数が少ない時刻表を考えますと、1日に2本しかない「a」です。①~④のなかで一番少なそうな時刻表といえば、④の「人口約5000人の山間部の村のバス停」が考えられます。

利用する人の数が少なければバスの台数も少なくなるはずですが、④は「人口約5000人」と、利用する人の数は一番少なそうです。単純に考えて、近くに住んでいる人が少なければ、利用者だって少ないはずです。そういうわけで、「a」は④と判断できます。

反対に、一番台数が多い時刻表は「d」。特に7時台は、1時間に6台も走っています。10分に1回出発しているのですから、もう電車と変わりませんね。なぜこの時間だけ台数が多くなっているのでしょうか?

答えは皆さんもよく知っているはず。「通勤ラッシュ」です。通勤・通学のために利用者が多くなるから、この時間帯にバスが多く走っているのです。

②の「東京郊外の住宅団地のバス停(最寄りの駅前行き)なら、東京の通勤ラッシュのイメージと結びついて、「d」の時刻表にぴったりですね。皆さんのなかにも、毎朝、最寄りの駅にバスで行って、そこから東京の職場・学校に向かう、という人が多いのではないでしょうか?

そういうわけで、「d」の答えは②だと判断できます。

さて、「b」と「c」が残りました。どちらが成田空港の上海行きの航空便で、どちらが「人口約10万人の地方都市の駅前のバス停」なのでしょうか?

皆さんの多くは飛行機に乗ったことがあると思いますが、その飛行機の出発時刻が「10時32分」や「16時59分」だったことがあるでしょうか? おそらく、そんなハンパな時刻はなかったと思います。バスと違って、飛行機には多くの人が乗りますし、乗る前に搭乗手続きなどいろいろ準備しなければなりません。

そうすると、「32分」や「59分」といったハンパな時刻ではわかりづらくて、間違ってしまう人が出てしまいます。だから、飛行機は「50分」や「25分」など、キリのいい出発時刻が設定されているのです。

そういうわけで、「9時50分」「10時00分」などキリのいい数字が並んでいる「b」の答えは①で、残った「c」の答えは③です。

解答) (a)④ (b)① (c)③ (d)②

意外と東大受験生の正解率は低い

中学生100名にこの問題を解いてもらったところ、およそ3割の生徒が正解しました。「これで君たちも東大合格だ!」と言うと、うれしそうにしてくれました。このように、この問題は中学生でも解けるわけですが、意外にも東大受験生の正解率は低いです。

次ページ日常のささいなことから考える
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT