虫歯治療したのにまだ痛い人に教えたい真実

詰め物を入れたのに芳しくない時の対処4選

なんで治療したのに痛いの!と歯医者さんを恨む前に確認しておきたいこと(写真:AH86/iStock)

虫歯の治療が終わってやっと銀歯やセラミックの詰め物(インレー)を入れたのに、なぜか歯が痛い! こんな経験をすると、歯医者さんに不信感を持ってしまうかもしれません。

でも、決して「銀歯やセラミックを入れた歯が痛い=虫歯が治っていない」というわけではないのです。筆者は歯や口周りの情報を「ムシバラボ」というサイトで発信していますが、その中でも紹介していることのひとつが「詰め物を入れたあとに歯が痛くなる理由」です。

詰め物を入れたあと歯が痛くなるのはなぜ?

詰め物を入れた歯が痛くなるのには、次のような理由が考えられます。

(1) 銀歯は熱を伝えやすいため

銀は非常に熱を伝えやすい材質です。銀歯を入れて日が浅いうちは、冷たいものの刺激で特にしみやすい状態にあります。

通常は日が経つにつれ、だんだんと落ち着きます。1週間くらいでいつの間にか何も感じなくなることが多いものです。

(2) 歯を削った後は神経が敏感になっているため

虫歯を取るときなどは、高速回転する器具で削って除去します。そのときに生じる振動や発生する熱の刺激により、内部の神経が多かれ少なかれダメージを受けてしまいます。これはどうしても避けられません。

このような神経のダメージも日が経つにつれて、だんだんと回復してくるのが通常です。しかし、神経のダメージは回復するのにある程度の期間を要することも多く、その間は神経が過敏になってしみやすい状態にあります。

(3) 神経がもともと弱っていたため

虫歯の被害が神経に届くまで深刻だと、冷たいものや熱いものなどでしみるようになります。その刺激を受けているうちに、神経は徐々に弱っていきます。

神経というのは歯の健康にとって非常に大切な存在です。歯医者さんはなるべく弱っている神経であっても、その後の回復を期待して神経を簡単には抜きません。結果、弱っている神経が銀歯を入れた後もしみることが多いわけです。

次ページ「かむと痛い」場合には…
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 埼玉のナゾ
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
電池開発でノーベル化学賞<br>吉野彰氏が示した「危機感」

受賞会見とともに、リチウムイオン電池の開発の歴史と当事者の労苦を振り返る。世界の先頭を走ってきた日本も、今後および次世代型の市場では優位性が脅かされつつある。吉野氏率いる全固体電池開発プロジェクトに巻き返しの期待がかかる。