女性FRB議長揺さぶる、「男と女の政治」

イエレン次期FRB議長が置かれた微妙な立場

3歳牝馬三冠最後の秋華賞は、メイショウマンボで

さて、ワシントン政治の男女の機微に比べれば、牡馬と牝馬が織りなす競馬の世界は単純で、いっそすがすがしい。

週末は牝馬三冠最後の戦い(秋華賞、13日京都競馬場、2000メートル)が待っている。衆目の一致するところ、オークスを制したメイショウマンボと、ローズステークスでこれを破ったデニムアンドルビーの一騎打ちということになるだろう。

目下のところ、デニムアンドルビーの人気がやや勝っているようだが、ここはメイショウマンボを支持したい。先週も京都大賞典で、単勝1.3倍のゴールドシップがまさかの5着に沈み、筆者の財布とメンタルに深い打撃を与えた。小回りの利く器用な馬でないと京都では勝ちにくい、というのが教訓である。

一部には、鞍上が心配だ、などという口さがない声もあるようだ。しかし「凱旋門賞4着」でもわかるように武豊騎手が復調しつつある現在、弟の幸四郎騎手も負けてはいられないところであろう。久々のチャンスをモノにしてもらいたいものである。

人気記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
医療費のムダ<br>病院の言いなりは禁物!

米国発のムダな医療リスト60を掲載!「胸部X線」「風邪に抗生物質」に科学的根拠なし。日本はどうする?「聖域」だらけの医療の現実から、病院・医者と賢くつき合う方法までを解説。